保井コノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
保井 コノ
Yasui Kono.JPG
保井 コノ(1948年)
生誕 日本の旗 日本 愛媛県大内郡三本松村(現 香川県東かがわ市
(1880-02-16) 1880年2月16日
死没 (1971-03-24) 1971年3月24日(91歳没)
日本の旗 日本 東京都文京区
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学細胞学
研究機関 お茶の水女子大学
東京帝国大学
出身校 香川師範学校
東京女子高等師範学校
シカゴ大学
ハーバード大学
主な業績 Cytologia創刊
影響を
受けた人物
E・C・ジェフリー英語版
主な受賞歴 紫綬褒章(1955年)
勲三等宝冠章(1965年)
命名者名略表記
(植物学)
Yasui
プロジェクト:人物伝

保井 コノ(やすい コノ、1880年2月16日 [1]- 1971年3月24日)は日本の植物学者。日本女性初の理学博士。学位論文は「日本産石炭の構造の研究」。元お茶の水女子大学教授。

1880年2月16日、愛媛県讃岐国大内郡三本松村[2](現・香川県東かがわ市三本松)で廻船問屋を営む保井忠治とウメの長女として生まれた。香川県師範学校(現・香川大学)を経て女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)を卒業し、教員となる。

1914年から文部省在外研究員としてシカゴ大学ハーバード大学(指導者はC.ジェフリー)で学び、帰国後は女子高等師範学校の教授と東京帝国大学理学部嘱託を兼務した。岩川友太郎らの指導を受け、東京帝大理学部では藤井健次郎と親交があった。1929年から、藤井健次郎を編集主幹とする国際的な細胞学雑誌Cytologia(キトロギア)を創刊につくした。72歳でお茶の水大学を退官するまで、多くの後進を育てた。

略歴[編集]

国立科学博物館展示のレリーフ
Yasuiは、植物の学名命名者を示す場合に保井コノを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ 村上[2010:116]小川真理子によると、10月生まれであるが父親が変更の手続きをとった
  2. ^ 明治9年8月21日から明治21年12月2日の期間、三本松村は愛媛県に併合されていたことから、明治13年2月16日時点では住所表記では、「愛媛縣讃岐國大内郡三本松村」が正しい。「保井コノ資料目録」お茶の水女子大学ジェンダー研究センター刊の正誤表による。
  3. ^ 村上[2010:116]

参考書[編集]

外部リンク[編集]