丹下梅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1948年

丹下 梅子(たんげ うめこ、1873年3月17日 - 1955年1月29日)は、日本の栄養学者、化学者。辻村みちよに次いで日本人女性として2人目の女性農学博士である。女性で初めて帝国大学に入学、卒業した。

資料によっては、丹下ウメと表記しているものもある。

人物・生涯[編集]

1873年(明治6年)に鹿児島県鹿児島府下金生町ほか十四町(現在の山形屋鹿児島本店付近)の商家、戸高丹下伊左衛門と丹下エダの三女として生まれる。幼年時にままごとの竹箸を持ちながら走っていたときに転倒して竹箸が右眼に刺さり、失明する。

鹿児島師範学校(現在の鹿児島大学教育学部)を卒業後、当時の女子師範附属尋常小学校(現在の鹿児島市立名山小学校)の教師になる。28歳で日本女子大学校家政科一回生に入学、卒業後は大学に残り、長井長義の助手として勤務し、女性初の文部省中等化学教員検定試験に合格する[1]。1913年(大正2年)に40歳で宮城県仙台市東北帝国大学理科大学化学科へ入学し(当時は他の帝国大学、専門学校は女子及び旧制高等学校以外の出身者の入学は認めていなかった)、同時に入学した黒田チカ牧田らくと共に女性初の帝大生となる。

東北帝大卒業後、48歳で渡米し、アメリカ合衆国スタンフォード大学コロンビア大学で栄養化学を修め、54歳のときジョンズ・ホプキンス大学にてステロール研究で博士号を取得した[1]。帰国後は母校である日本女子大学校の栄養学の教授を務め、理化学研究所に入所し鈴木梅太郎のもとでビタミンの研究を行った。67歳の1940年(昭和15年)にビタミンB2複合体の研究で東京帝国大学から農学博士の学位を受ける。1955年(昭和30年)、82歳で死去するまで独身を通し、女性化学者の先駆者として学究一筋の生涯であった。

母校の日本女子大では功績を記念して、丹下記念奨学金を設けている。

親戚[編集]

丹下伊左衛門は上記のとおり、金生町他十四町の戸長で、同志会の初代収入役(1889年6月15日-1896年1月24日)を務めた。梅子には4人の兄と2人の姉と1人の妹がいた。一番上の兄は製塩事業、三番目の兄は砂糖貿易を父から受け継いだが、失敗した。二番目の兄は慶應義塾大学に通い、塾長福沢諭吉からの信頼が篤かったが、24歳で亡くなった。四番目の兄、丹下丑四郎東京帝国大学を卒業し、第七高等学校の教授となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連書[編集]

  • 『白梅のように 化学者丹下ウメの軌跡』蟻川芳子、宮崎あかね、化学工業日報社、2011年11月

外部リンク[編集]