佐々木勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 勲
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1937-10-10) 1937年10月10日(84歳)
身長
体重
176 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1960年
初出場 1960年4月7日
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐々木 勲(ささき いさお、1937年10月10日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

下関商業高校では、1955年夏の甲子園県予選を勝ち抜き西中国大会に進出するが、準決勝で三原高に敗退し、甲子園には出場できなかった。卒業後は明治大学に進学。当時の明大は秋山登土井淳らが卒業し、立大の黄金時代に入ったこともあり、東京六大学野球リーグでは在学中に優勝には手が届かなかった。ベストナイン(捕手)に2回選出され、4年次の1959年には主将をつとめている。大学同期に池田英俊がいる。

1960年読売ジャイアンツに入団。1961年6月10日の対中日ドラゴンズ戦で代打サヨナラ安打を放つ。その後、1ヶ月ほどチャンスを与えられるがそれを活かせず[1]、シーズンでもこのサヨナラ打の1安打のみに終わった。2年間で捕手としての先発出場は1960年シリーズ終盤の1試合(他にいわゆる当て馬として数試合に先発出場)、打撃でも2安打にとどまり、1961年オフに自由契約となる[2]1962年中日ドラゴンズに移籍。中日では前年オフに吉沢岳男を放出して正捕手の座が空いていたが、ここでも目立った成績を残すことなく、1964年限りで現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1960 巨人 15 7 7 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .143 .143 .286 .429
1961 13 12 10 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 1 3 0 .100 .250 .100 .350
1962 中日 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1964 5 2 2 0 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.500 2.500
通算:4年 35 23 21 0 4 2 0 0 6 2 0 0 0 0 1 0 1 5 1 .190 .261 .286 .547

記録[編集]

背番号[編集]

  • 6 (1960年 - 1961年)
  • 57 (1962年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 『巨人軍 陰のベストナイン』72頁
  2. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』89頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]