住木諭介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

住木 諭介(すみき ゆすけ、1901年明治34年)2月10日 - 1974年昭和49年)9月12日[1][2][3])は、日本農芸化学者放射線生物学者、農学博士理化学研究所抗生物質研究室初代主任研究員、元理化学研究所副理事長、元東京大学農学部学部長日本農芸化学会名誉会員、東京大学名誉教授

略歴[編集]

新潟県新潟市出身。1919年大正8年)に新潟中学校を卒業、1922年(大正11年)に新潟高等学校を卒業、東京帝国大学農学部農芸化学科に入学、鈴木梅太郎に師事[4]1925年(大正14年)に卒業。

1929年昭和4年)に東京帝国大学農学部大学院を修了、東京帝国大学農学部農芸化学科副手に就任、1932年(昭和7年)に東京帝国大学農学部農芸化学科助手に就任[注 1]1936年(昭和11年)に東京帝国大学農学部農芸化学科助教授に就任。

1938年(昭和13年)に藪田貞治郎と共に稲の馬鹿苗病菌培養液から植物ホルモンジベレリン単離結晶化させることに成功[5][6][7]

1944年(昭和19年)に開始された陸軍軍医学校抗生物質ペニシリン碧素)の生産研究に藪田貞治郎、坂口謹一郎朝井勇宣柴田桂太田宮猛雄都築正男石館守三梅澤純夫増山元三郎梅澤濱夫たちと協力[8][9][10]

1946年(昭和21年)に東京帝国大学農学部農芸化学科教授に就任、同年に稲馬鹿苗病菌の生化学的研究で報公賞を受賞[11]1949年(昭和24年)に第1期日本学術会議会員に就任[注 2]

1952年(昭和27年)に抗生物質に関する研究で日本農学賞を受賞[12]1953年(昭和28年)に理化学研究所[注 3]抗生物質研究室初代主任研究員に就任[注 4]1957年(昭和32年)に東京大学農学部学部長に就任[注 5]

1958年(昭和33年)にいもち病の防除に有効な世界初の農薬用の抗生物質のブラストサイジンSを発見[6][7][16]

1960年(昭和35年)にジベレリンの研究で第1回藤原賞を受賞[17]1961年(昭和36年)に東京大学を定年退官、東京大学名誉教授、同年に第33代日本農芸化学会会長に就任[注 6]

1962年(昭和37年)に理化学研究所副理事長に就任[注 7]1963年(昭和38年)に第4代日本抗生物質学術協議会理事長に就任[注 7]、同年にBlasticidin Sに関する研究で日本学士院賞を受賞[5][18]

1965年(昭和40年)に植物化学調節研究会初代会長に就任[注 8]、同年に日本食品照射研究協議会初代会長に就任、1966年(昭和41年)に第8代日本農学会会長に就任[注 9]

食糧不足の日本の食糧の増産と安定供給のため、新農薬の開発を目指し、理化学研究所に、1962年(昭和37年)から1970年(昭和45年)まで、9年間に9研究室の農薬研究部門を編成[19][20]

日本の抗生物質研究の先駆者で、それまで農薬に使用されていた有機水銀の代わりに、抗生物質を世界で最初に農薬として実用化した[21][22][23]

著作[編集]

  • 『植物ホルモン』(河出書房、1943年)
  • 『ペニシリン』(産業図書、1946年)
  • 『味の化學』(創元社、1948年)
  • 『食品製造要覽』(技報堂、1951年)
  • 『抗生物質 上巻』(東京大学出版会、1961年)
  • 『抗生物質 下巻』(東京大学出版会、1961年)
  • 『抗生物質 補遺 1』(東京大学出版会、1970年)
  • 『抗生物質 補遺 2』(東京大学出版会、1970年)

編集[編集]

  • 『新農薬研究施設』(南江堂、1966年)

校閲[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1932年(昭和7年)に東京帝国大学から農学博士号を取得。
  2. ^ 1951年(昭和26年)に退任。
  3. ^ 1948年(昭和23年)3月1日から1958年(昭和33年)10月20日まで科学研究所
  4. ^ 東京大学農学部農芸化学科教授および東京大学応用微生物研究所教授と兼任[13][14][15]、1962年(昭和37年)に退任。
  5. ^ 1960年(昭和35年)に退任。
  6. ^ 1963年(昭和38年)に退任。
  7. ^ a b 1970年(昭和45年)に退任。
  8. ^ 1974年(昭和49年)に胃癌で亡くなるまで在任[2]
  9. ^ 1969年(昭和44年)に退任。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
森高次郎
日本農芸化学会会長
第33代:1961年 - 1963年
次代:
片桐英郎
先代:
小島三郎
日本抗生物質学術協議会理事長
第4代:1963年 - 1970年
次代:
梅澤濱夫
先代:
(新設)
植物化学調節研究会会長
初代:1965年 - 1974年
次代:
塚本洋太郎
先代:
(新設)
日本食品照射研究協議会会長
初代:1965年 - 197?年
次代:
小原哲二郎
先代:
平塚英吉
日本農学会会長
第8代:1966年 - 1969年
次代:
越智勇一