伊藤正男 (生理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 正男(いとう まさお、1928年昭和3年)12月4日 - )は、日本生理学者小脳の研究における世界的な権威である。愛知県名古屋市出身。

人物[編集]

ジョン・エックルスの研究室で研究を行い、小脳がパーセプトロンであるというデビッド・マージェームズ・アルブスの仮説を強力に支持したほか、シナプスの長期抑圧 (LTD)を発見した。

年譜[編集]

受賞歴[編集]

著書・共著[編集]

  • 『ニューロンの生理学』 岩波書店(現代科学選書)1972年
  • 『脳の設計図』 中央公論社(自然選書)、1980年
  • 『脳と行動』 旺文社(テレビ大学講座)、1983年、のち放送大学
  • 『脳のメカニズム  頭はどうはたらくか』 岩波ジュニア新書、1986年
  • 『脳と心を考える』 紀伊国屋書店(科学選書)、1993年
  • 『脳の不思議』 岩波科学ライブラリー、1998年
  • 『脳の中身が見えてきた』 甘利俊一利根川進 共著、岩波科学ライブラリー、2004年

編・共編[編集]

  • 『脳の統御機能』全6巻  木村裕小幡邦彦ほか共編、医歯薬出版、1978–80年
  • 『脳と認識』 平凡社選書、1982年
  • 『脳と運動』 平凡社選書、1983年
  • 『脳科学の展開』 塚原仲晃 共編、平凡社、1985年
  • 『脳と意識』 平凡社選書、1985年
  • 『小脳の神経学』 共編、医学書院、1986年
  • 『新生理科学大系』全22巻  星猛 共編、医学書院、1986–91年
  • 『脳科学の新しい展開  機能地図と記憶のメカニズム』 酒田英夫 共編、岩波書店、1986年
  • 『最新脳の科学』 桑原武夫 共編、同文書院、1988年
  • 『認識し行動する脳  脳科学と認知科学』 佐伯胖 共編、東京大学出版会、1988年
  • 『脳と思考』 紀伊国屋書店(叢書・脳を考える)、1991年
  • 『脳のはたらき  回路網・遺伝子・機能分子をめぐって』 講談社、1992年
  • 岩波講座認知科学 6  情動』 梅本守山鳥重徃住彰文池田謙一小野武年 共編、岩波書店、1994年
  • 『続・脳のはたらき』 講談社、1994年
  • 『精神活動の流れを遡る  機能・構造・物質』 早石修 共編、メディカル・ジャーナル社、1995年
  • 『医学書院医学大辞典』 井村裕夫高久史麿 共総編集、医学書院、2003年
  • 『ブレインサイエンス・レビュー  2008–12』 川合述史 共編、クバプロ、2008–12年

翻訳[編集]

  • 『脳の進化』 ジョン・C・エックルス 著、東京大学出版会、1990年

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 武蔵野市名誉市民