伊藤明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本の官僚
伊藤明子
いとう あきこ
生年月日 (1962-02-28) 1962年2月28日(59歳)
出生地 島根県
出身校 和歌山県立桐蔭高等学校
京都大学工学部建築学科
前職 内閣官房内閣審議官
現職 消費者庁長官

在任期間 2019年7月9日 - 現職

在任期間 2017年7月7日 - 2018年7月27日
テンプレートを表示

伊藤 明子(いとう あきこ、1962年昭和37年〉2月28日[1] - )は、日本の建設国土交通技官国土交通省住宅局長を経て、現在は消費者庁長官を務めている。

経歴[編集]

島根県出身[2]和歌山県立桐蔭高等学校(第32期)[3][4]京都大学工学部建築学科を卒業[5]。国家公務員採用上級甲種試験(建築)に合格し、1984年建設省に入省[1]

国土交通省初の女性の局長として住宅局長を務めた。その後和泉洋人内閣総理大臣補佐官から引っ張られ[6]稲山博司内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官に総括官補として仕え、稲山の退官に合わせ三代連続の女性での内閣府消費者庁長官に着任。

消費者庁長官在任中の2020年5月、同居する父が新型コロナウイルスに感染したため、2週間に渡り中央省庁トップとして初めて在宅勤務を行った[7][8]

年表[編集]

基本的な出典[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c "伊藤明子 内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)の略歴書(令和元年7月2日現在)" (PDF). 2020年9月15日閲覧
  2. ^ 消費者庁/長官に伊藤明子氏就任/前任の岡村長官は退職 日本ネット経済新聞 EC
  3. ^ 毎日フォーラム・霞が関ふるさと記島根県 毎日新聞2016年8月10日 09時51分
  4. ^ "本校のキャリア教育・キャリア教育講演会を行いました。(H28年11月19日)". 和歌山県立桐蔭高等学校. 2020年9月15日閲覧
  5. ^ 5年目を迎えた「まち・ひと・しごと創生」『地方創生』の現在の到達点と第2期テーマ別検討 〜2019年度の施策と予算〜 JPI(日本計画研究所)
  6. ^ 「【コラム】国交省人事、サプライズは技監と住宅局長?!(2018-7-30)」未来計画新聞
  7. ^ 消費者庁の伊藤長官が在宅勤務に 親族が新型コロナ感染:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月17日閲覧。
  8. ^ 伊藤消費者庁長官が復帰 父が新型コロナ感染” (日本語). 時事ドットコム. 2020年5月30日閲覧。
  9. ^ ひと:伊藤明子さん=国土交通省初の女性局長に就任した」『デジタル毎日』、2017年9月13日。2019年2月20日閲覧。
  10. ^ 国交省幹部人事---事務次官に毛利信二審議官、初の女性局長登用も”. Response.jp (2017年7月5日). 2019年2月20日閲覧。
  11. ^ "人事異動(第63号)平成29年7月7日付" (PDF). 2020年9月15日閲覧
  12. ^ 内閣官房内閣審議官に中川、伊藤両氏」『日本経済新聞 電子版』、2018年7月27日。2019年2月20日閲覧。
  13. ^ a b 「<消費者庁>新長官に伊藤明子氏 新次長に高田氏 9日付けで」ニッポン消費者新聞
  14. ^ "人事異動(第76号)平成30年7月27日付" (PDF). 2020年9月15日閲覧
官職
先代:
岡村和美
日本の旗 消費者庁長官
2019年 -
次代:
(現職)
先代:
由木文彦
日本の旗 国土交通省住宅局
2017年 - 2018年
次代:
石田優