伊予若宮信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯33度31分54秒 東経132度33分53秒 / 北緯33.53167度 東経132.56472度 / 33.53167; 132.56472

伊予若宮信号場
左側が伊予長浜方面、右側が内子方面(車内より)
左側が伊予長浜方面、右側が内子方面(車内より)
いよわかみや
Iyo-Wakamiya
所在地 愛媛県大洲市
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
電報略号 ワミ
駅構造 地上
開業年月日 1986年昭和61年)3月3日 (2代目)*
乗入路線
所属路線 予讃線(伊予長浜方)
キロ程 247.1km(高松起点)
S17五郎 (1.4km)
(2.4km) 伊予大洲 S18
所属路線 予讃線(内子方)
キロ程 240.8km(高松起点)
U13新谷 (3.5km)
(2.4km) 伊予大洲 U14
初代は 1920年大正9年)5月1日に開設。1935年(昭和10年)10月6日に 廃止。
テンプレートを表示

伊予若宮信号場(いよわかみやしんごうじょう)は、愛媛県大洲市にある四国旅客鉄道(JR四国)予讃線信号場である。

構造[ソースを編集]

予讃線の旧線・愛ある伊予灘線伊予長浜方面と新線・内子線の新谷方面の線路が分岐する、単線合流・分岐型の信号場である。このため伊予長浜方に片開き分岐器があるのみで列車行き違い設備は設けられていない。当信号場は両線の施設上の分岐点で、営業上の分岐駅は伊予大洲駅である。

周辺[ソースを編集]

交通手段[ソースを編集]

五郎駅からの移動が便利であり、ほぼ線路沿いに約1.5km程で到着する。

歴史[ソースを編集]

隣の施設[ソースを編集]

四国旅客鉄道
予讃線(愛ある伊予灘線 伊予長浜方)
五郎駅 - 伊予若宮信号場 - 伊予大洲駅
予讃線(内子方)
新谷駅 - 伊予若宮信号場 - 伊予大洲駅