仁川交通公社1000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仁川広域市地下鉄公社1000系電車
1000系電車(1次車)
1000系電車(1次車)
基本情報
製造所 1次車:大宇重工業
2次車:ロテム
主要諸元
編成 8
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 110 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 970人
車両定員 113人(先頭車)
124人(中間車)
車両重量 31,5t (Tc)
32,0t (M)
26,4t (T)
編成重量 243,8t
全長 18,180mm(先頭車)
18,000(中間車) mm
全幅 2,830 mm
全高 4,500 mm
駆動方式 三相交流かご式誘導電動機
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 交直流回生ブレーキ併用
電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATC,ATO
テンプレートを表示

1000系電車(1000けいでんしゃ)は仁川交通公社1号線用の通勤形電車

概要[編集]

1次車[編集]

仁川広域市初の地下鉄である仁川都市鉄道1号線の開業に併せ、1998年1999年大宇重工業で8両編成25本(200両)が製造され、1999年10月6日に営業運転を開始した。

前面デザインは、FRP製の丸みを帯びた非対称のデザインで、白色に塗装されている。「トングリ」と呼ばれる前面形状の元祖となっており、この前面デザインは、以後登場する韓国の通勤型電車に広く採用されることになる。 車体は、ビードプレスを施した軽量ステンレス製で、水色と紺色の帯が巻かれている。車体長は18mで、客用扉は片側に4か所設置されている。

走行機器面では、制御装置にGECアルストム製のIGBT素子VVVFインバータ制御が採用された。この制御装置は、韓国で初めて採用された電動車付随車の構成は4M4Tである。

内装はオールロングシートで、世界的にも珍しい8色PDP式の車内案内表示機が設置された。ドアエンジンはスクリューモーター式となっており、開閉時の騒音を低減させている。

本グループは、大邱地下鉄放火事件の発生に伴い、座席や袖仕切り、つり革、化粧板、床材、ラインデリアなどが不燃材に交換されており、同時に車内案内表示機が液晶ディスプレイ (LCD)式に変更された。

2次車[編集]

東幕 - 国際業務地区間の延伸開業に備えて、2007年に8両編成9本(72両)が導入された。このグループは全車両現代ロテム製である。

基本的な仕様は1次車に準じるが、前面デザインが若干変更されてKORAIL5000系新トングリをベースとしたものになり、電装品がソウルメトロ2000系電車に準じるものとなった。

2次車


編成[編集]

← 桂陽
国際業務地区 →
  ◇◇ ◇◇     ◇◇ ◇◇  
10XY 19XY 18XY 15XY 14XY 13XY 12XY 11XY
Tc M M T T M M Tc
※XYは編成番号

関連項目[編集]