京野公子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
京野 公子
きょうの きみこ
生年月日 (1949-12-25) 1949年12月25日(67歳)
出生地 秋田県湯沢市
出身校 早稲田大学第一文学部中退
前職 秋田県議会議員
所属政党 民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
生活の党

選挙区 秋田3区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日

選挙区 湯沢市
当選回数 1回
在任期間 2003年4月 - 2005年8月
テンプレートを表示

京野 公子(きょうの きみこ、1949年12月25日 - )は、日本政治家

衆議院議員(1期)、秋田県議会議員(1期)を歴任。

経歴[編集]

1949年12月25日秋田県湯沢市に生まれる。秋田県立湯沢高等学校卒業後、早稲田大学第一文学部入学。在学中に結婚し、中退。1977年、夫と共に株式会社「協同企画」を立ち上げ。1979年、湯沢ロイヤルホテルを設立。1993年フランスへ半年間短期留学。

1999年秋田県議会議員選挙に無所属で出馬(湯沢市選挙区)、落選。2003年、秋田県議会議員選挙に再度出馬、初当選(湯沢市選挙区)。議会会派「いぶき」に参加。議会では農林水産委員会の副委員長を務めた[1]

2005年8月、第44回衆議院議員総選挙に出馬するため、県議会議員を任期途中で辞職。9月11日秋田3区より民主党公認で立候補するが、自民党御法川信英に及ばず次点で落選[2]重複立候補をしていた比例東北ブロックでも惜敗率72.2%で及ばず落選[3]。11月、次期衆議院議員候補に内定。

2006年2月、民主党秋田県連の幹事長に就任。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙、秋田3区より立候補し、前回、同区で当選した御法川信英を破って初当選を果たす[4][5]小沢ガールズ報道される。

2012年消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して党幹事長補佐の辞表を提出し、4月23日の党役員会で受理された[6]。6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[7][8]。7月2日には山岡賢次らを介して離党届が提出された[9][10][11]。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し[12][13][14][15][16]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[17][18][19]

同年7月11日、国民の生活が第一の結党に参加した[20]。11月、国民の生活が第一が日本未来の党に合流。12月16日第46回衆議院議員総選挙に秋田3区より立候補するも、御法川信英に敗れ3位に終わり、比例復活もならず落選。

脚注[編集]

  1. ^ ザ・選挙-選挙情報:2009年9月5日閲覧
  2. ^ 秋田3区 第44回衆議院議員選挙-ザ・選挙:2009年9月5日閲覧
  3. ^ 東北第44回衆議院議員選挙-ザ・選挙:2009年9月5日閲覧
  4. ^ 秋田3区 次期総選挙(第45回衆院選)-ザ・選挙:2009年9月5日閲覧
  5. ^ 京野さん訴え実る 支持者に力強く抱負 秋田3区:2009年8月31日付河北新報-2009年9月5日閲覧
  6. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナル2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  7. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  8. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  9. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  10. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  11. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  12. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  13. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  14. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  15. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  16. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  17. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  18. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  19. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  20. ^ 新党の参加議員 Archived 2012年12月4日, at Archive.is - 時事ドットコム 2012年7月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]