五十嵐毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五十嵐 毅(いがらし たけし、1959年11月27日 - )は、日本プロ麻雀協会に所属する競技麻雀プロ雀士新潟県新潟市出身、O型。愛称は「卓上のボランチ」・「至高の守備派」・「至高のベタオリスト」・「史上最弱の最高位」・「イガリン」。最高位戦日本プロ麻雀協会101競技連盟を経て、日本プロ麻雀協会に2001年の結成時より所属。同協会副代表を経て2005年11月に日本プロ麻雀協会の二代目代表(初代代表は土井泰昭)に就任。協会の代表としても多忙な日々を送っている。

雀風[編集]

第21期最高位戦では史上最低ポイントでタイトルを獲得、「史上最弱の最高位」と呼ばれた時期もあった。

徹底的な守備型の雀風で、失点を極度に嫌う。配牌が良くないときは第一打から鳴かせない様に牌を絞り、オリてしまうことも珍しくない。そのため他の雀士からは、「オリすぎ」「臆病」など揶揄されることもある。

獲得タイトル[編集]

  • 最高位(第21期)
  • 覇王カップ(第4回)
  • 101・昇級者スプリント(第4回)

著書[編集]

出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]