この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

二度目の人生を異世界で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二度目の人生を異世界で
ジャンル 異世界ハイ・ファンタジー
小説
著者 まいん
イラスト かぼちゃ
出版社 ホビージャパン
レーベル HJノベルス
刊行期間 2014年11月22日 -
巻数 既刊18巻(2018年5月現在)
漫画
原作・原案など まいん、かぼちゃ
作画 安房さとる
出版社 KADOKAWA
掲載サイト ComicWalker
レーベル MFコミックス
発表期間 2016年6月22日 -
巻数 既刊5巻(2018年6月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学漫画

二度目の人生を異世界で』(にどめのじんせいをいせかいで、英語: [New Life+] Young Again in Another World)は、まいんによる日本オンライン小説およびライトノベル小説投稿サイト小説家になろう」にて連載中。書籍版はHJノベルスホビージャパン)より刊行されており、イラストをかぼちゃが担当している。

あらすじ

功刀蓮弥は神様を名乗る幼女からのお願いにより、西洋中世ファンタジー風な異世界に転生し、冒険者および剣士として過ごしていく。蓮弥は転生の際に身に着けた卓越した身体能力と特殊技能を用いて、モンスター退治などの依頼などを受けて解決していく。当作品のジャンルは、いわゆる「なろう系」の異世界転生モノ[1]

登場人物

功刀 蓮弥(くぬぎ れんや)
通称レンヤ。前世で「94歳」という高齢による大往生の末に、天国で若返り、異世界に青年として転生した男性。知識と漠然とした感情以外は前世での記憶がない。
前世の立場は「功刀一刀流14代目当主」。剣術を始めとした各種戦闘技術を修めている。若いころには他国に渡り、合法・非合法問わぬ立ち合いで名を馳せ、世界大戦にも従軍。数多くの死線をより多くの屍の山を築いて生き延び、「剣鬼」の異名をもつ。戦闘に関してはリアリストで、腕は立っても協調性のない者を見捨てることに躊躇しないが、あえて勝ち目のない戦いに臨む者たちを見捨てられるほど不人情でもない。
華蓮(かれん)
レンヤの愛刀。前世での死後は彼の墓に納められていたが、ギリエルによって届けられる。創造主が間違えて与えた竹刀に付与されていた破壊不能属性を移譲されている。
シオン=ファム=ファタール
レンヤが最初に出会う剣士の若い女性。本人はただの剣士で駆け出しの冒険者だといっているが、中世レベルの世界で家名どころかミドルネームまである「やんごとなき身分」の子女。
ローナ=シュヴァリエ
通称・ロウ。シオンに同行する僧侶の若い女性。元は騎士でシオンのお目付け役として転職した。世間知らずなシオンの冒険者志望を諦めさせるべく、当初は無茶な依頼を受けたり男を誘うようにわざとサイズが小さめの服を着ている。
エミル・ラージャ
異世界に住む5種族のひとつ、魔族。レンヤたちが調査依頼を受けたダンジョンで待ち構えていた。自分以外の存在は「実験材料」としか見なさないマッドだが、圧倒的な戦闘力とそれに甘えぬメンタルをもつレンヤに興味を持つ。初対面時には男性だったが、実は女性。男性の身体は魔術で造った「擬体」ともいうべきもので再会時には本来の身体である女性体となって現れた。
フラウ・ヴェルデ
家屋に棲み、住環境を調える妖精・シルキー。レンヤが街に定住するために購入した屋敷で猟奇事件を起こした以前の家主の死後に生まれた。
創造主
レンヤを異世界に送り込んだ神様で、外見が幼女。数多くの世界を管理する存在だが、管理を委託した存在が勝手な真似をしでかし忙しすぎるのか、イージーミスをしたり大雑把な仕事をすることも多い。
ギリエル / キリエ
レンヤの守護担当として名前を与えられた天使。旅商人を名乗ってレンヤに接触。生前の愛刀を届けた。
アズ・ハウンド
冒険者パーティ「探究者」のリーダーである魔術師。レンヤたちと共にダンジョン探索の依頼に参加するが、この依頼で手痛い損害を負ったため冒険者を廃業しククリカの街にある冒険者学校の講師になる。
仕事に関しては冷静なタイプで、レンヤと意気投合。異世界では初めてできた同性の友人となる。

漫画

安房さとるによる作画で、ComicWalkerニコニコ静画などにて2016年6月22日から(ComicWalkerの場合)[2]連載中。第25話まで連載された後、後述の騒動を受けて中断していたが、2018年8月22日に再開された。

物語はおおむね原作に沿っているが、細部は漫画化に際して改変されている。

既刊一覧

ライトノベル

巻数 ホビージャパン
発売日[書 1] ISBN
1 2014年11月22日 ISBN 978-4-7986-0922-5
2 2015年01月22日 ISBN 978-4-7986-0948-5
3 2015年03月20日 ISBN 978-4-7986-0984-3
4 2015年05月22日 ISBN 978-4-7986-1017-7
5 2015年07月23日 ISBN 978-4-7986-1051-1
6 2015年09月19日 ISBN 978-4-7986-1074-0
7 2015年11月21日 ISBN 978-4-7986-1118-1
8 2016年01月22日 ISBN 978-4-7986-1154-9
9 2016年03月24日 ISBN 978-4-7986-1197-6
10 2016年05月21日 ISBN 978-4-7986-1228-7
11 2016年07月22日 ISBN 978-4-7986-1264-5
12 2016年09月23日 ISBN 978-4-7986-1290-4
13 2016年11月24日 ISBN 978-4-7986-1328-4
14 2017年01月21日 ISBN 978-4-7986-1368-0
15 2017年03月23日 ISBN 978-4-7986-1412-0
16 2017年06月22日 ISBN 978-4-7986-1467-0
17 2017年10月21日 ISBN 978-4-7986-1556-1
18 2018年05月24日 ISBN 978-4-7986-1650-6

漫画

巻数 KADOKAWA
発売日 ISBN
1 2016年11月24日[書 2] ISBN 978-4-04-068705-6
2 2017年06月23日[書 3] ISBN 978-4-04-069194-7
3 2017年09月23日[書 4] ISBN 978-4-04-069436-8
4 2018年01月22日[書 5] ISBN 978-4-04-069750-5
5 2018年06月06日[書 6] ISBN 978-4-04-069881-6

騒動

騒動の概要と結果

作者まいんが作家になる前にTwitter上で中国・韓国へのヘイトスピーチとされる投稿を発していたことが2018年5 - 6月に分かり、問題視された。

数日後、下記のように、まいん・ホビージャパン等にとって自粛的な処置が行われた。

  • アニメ化の中止。騒動前はアニメ化予定だった本作品『二度目の人生を異世界で』のアニメ化が正式に中止された。
  • 小説版の出荷停止。小説版の既刊書籍すべて(計18巻)が出荷停止になった。

騒動の経緯

本作品はいったんアニメ化が決定され、2018年5月にはアニメ放送「決定」が発表され制作も始まったが、下記の出来事により、アニメ版の制作は中止になった。なおアニメ化発表の時点で、小説とコミックスの累計発行部数は100万部を突破していた[3]

下記のように、騒動中の6月5日に論点が追加され[4] [5]、そして翌6日に追加された論点について作者は謝罪し、同時期にアニメ化の中止もアニメ製作・制作サイドから発表された。

論点の変遷
当初、問題視されたのは作者の発言ではなく、作品中の設定だった。まず2018年5月30日、中国の環球時報に「中国人が見たら怒り心頭の日本のライトノベルが、なんと中国に上陸していた」という記事が掲載され、中国国内で主人公の設定が問題視された[6]。その後、6月5日[5]には、作者のまいんが、作家になる前、中国・韓国へのヘイトスピーチとされる投稿をTwitter上で発していたことも発覚した[7]
作者サイドの対応
6月6日に、まいんはtwitter上でヘイトスピーチとされる投稿について謝罪し、また、作品中の設定の議論についても今後の対応として「小説家になろう」にて連載していたWeb版の問題のあるとされる部分の公開を停止、書籍版の内容に関しても修正の相談をしていると発表した[5][注 1]。その後、小説版の既刊書籍計18巻を出荷停止にすることがホビージャパンによって決定され[11]、実際に印刷版の小説が出荷停止された[注 2]
アニメ化の中止
2018年5月22日にTVアニメ化が発表されていたものの[12]、同年6月6日には、テレビアニメ出演への内定が公表されていた主役4人の声優たちが降板の決定を10時に発表した[5][13]。また、同年6月4日より日本国外からテレビアニメ版公式サイトへのアクセスができなくなっている[8][14]。一連の騒動が影響し、2018年10月より放送予定であったテレビアニメの製作の中止が発表された[15][16]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 中国メディアである観察者網によると、本作の主人公の設定にて「中国を侵略し3000人以上を虐殺した日本軍兵士であることが暗示されていた」という[8][9]。実際には「中国大陸へ渡り…世界大戦に従軍。」と書かれており、日中戦争という言葉は一切使用されていない[10]。また、主人公は中国大陸に渡り裏社会に居た頃は「剣鬼」と呼ばれていたが、大戦では敵兵から「ブレードオーガ」と呼ばれており、言語の違いが存在する[10]
  2. ^ なお、電子書籍版の小説は販売を継続している。また、KADOKAWAから出版されているコミックス版については出荷停止は発表されていない。

出典

  1. ^ ComicWalker『二度目の人生を異世界で』 2018年9月7日に閲覧
  2. ^ WEBで9,200万PV超の大人気作 『二度目の人生を異世界で』6/22よりCWにて掲載開始! - 無料コミック ComicWalker
  3. ^ 『二度目の人生を異世界で』のTVアニメが2018年10月より放送決定 シリーズ累計100万部も突破”. ラノベニュースオンライン (2018年5月22日). 2018年6月7日閲覧。
  4. ^ 中国人が見たら怒り心頭!?なのにすでに中国に上陸=日本のライトノベルが物議―中国紙”. Record China (2018年5月31日). 2018年6月7日閲覧。
  5. ^ a b c d アニメ『二度目の人生を異世界で』主要キャスト4人が降板 原作者が過去の“ヘイト発言”謝罪”. ORICON NEWS. オリコン (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  6. ^ 中国人が見たら怒り心頭!?なのにすでに中国に上陸=日本のライトノベルが物議―中国紙”. Record China (2018年5月31日). 2018年6月7日閲覧。
  7. ^ Sherman, Jenniferpublisher=Anime News Network (2018年6月1日). “[New Life+] Young Again in Another World' Anime's Protagonist, Novel Creator Cause Controversy” (英語). 2018年6月7日閲覧。
  8. ^ a b 轻小说主人公被质疑是屠杀三千人的侵华日军 日本作者道歉了” (中国語). 观察者网 (2016年6月5日). 2018年6月7日閲覧。
  9. ^ “「二度目の人生を異世界で」放送どうなる? 「ヘイト」指摘で主要キャスト総降板”. J-CASTニュース. (2018年6月6日). https://www.j-cast.com/2018/06/06330632.html?p=all 2018年6月7日閲覧。 
  10. ^ a b 書籍1巻, 幕間 その2らしい.
  11. ^ “アニメ化決定のラノベ、出荷停止 原作者が差別ツイート”. 朝日新聞. (2018年6月6日). https://www.asahi.com/articles/ASL665GKQL66UCLV00G.html 2018年6月6日閲覧。 
  12. ^ 「二度目の人生を異世界で」アニメ化、1億8900万PV突破のなろう小説”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年5月22日). 2018年6月6日閲覧。
  13. ^ アニメ「二度目の人生を異世界で」、主要の声優が一斉に降板 原作者がヘイトスピーチについて謝罪の直後”. ねとらぼ (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  14. ^ [New Life+] Young Again in Another World Anime Cast Resigns After Creator's Apology for Controversial Comments” (英語). Anime News Network (2018年6月5日). 2018年6月6日閲覧。
  15. ^ 「二度目の人生を異世界で」アニメ化中止のお知らせ”. TVアニメ「二度目の人生を異世界で」公式サイト (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  16. ^ 主要声優が一斉降板の「二度目の人生を異世界で」 アニメ化中止に”. ねとらぼ (2016年6月6日). 2018年6月6日閲覧。

書誌情報

  1. ^ 二度目の人生を異世界で”. ホビージャパン. 2018年6月6日閲覧。
  2. ^ 二度目の人生を異世界で 1”. 角川書店. 2018年6月6日閲覧。
  3. ^ 二度目の人生を異世界で 2”. 角川書店. 2018年6月6日閲覧。
  4. ^ 二度目の人生を異世界で 3”. 角川書店. 2018年6月6日閲覧。
  5. ^ 二度目の人生を異世界で 4”. 角川書店. 2018年6月6日閲覧。
  6. ^ 二度目の人生を異世界で 5”. 角川書店. 2018年6月6日閲覧。

外部リンク