九広鉄路SP1900形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MTR SP1900/SP1950/KRS991/1151形電車
SP1900形電車(火炭駅)
SP1900形電車(火炭駅)
編成 12両編成(東鉄綫)(6M6T)
7・8両編成(西鉄綫)(4M3T・4M4T)
4両編成(馬鞍山綫)(2M2T)
営業最高速度 120km/h(東鉄綫)
130km/h(西鉄綫)
110km/h(馬鞍山綫)
設計最高速度 140km/h
起動加速度 3.6km/h/s
減速度 3.6km/h/s(常用最大)
4.68km/h/s(非常)
全長 25,280mm(先頭車)
24,136mm(中間車)
622mm(整形)
920mm(通路)
全幅 3,100mm
全高 3,990mm
編成質量 D:39.2 t
P:48.7 t
M:47.4 t
C:35.3 t
H:37 t
車両質量 37t(1両平均)
軌間 1,435mm(標準軌)
電気方式 交流25,000V 50Hz
主電動機 三菱MB-5084-A2形三相誘導電動機
主電動機出力 240kW
歯車比 5.73:1(86:15)
駆動装置 WN駆動
制御装置 三菱2レベル 3300V-1200A-IPM-IGBT VVVFインバータ制御 0-200Hz
台車 近畿車輛:KD312(電動車)
KD312A(付随車)
川崎重工業:KW-165(電動車)
制動方式 クノールブレムゼAG製
回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 Seltrac (ATP)
製造メーカー 近畿車輛川崎重工業日本
SP1900形電車(旧KCRロゴマーク)
SP1900形電車(MTRロゴマーク)

SP1900形電車(SP1900がたでんしゃ)は、香港香港鉄路[要曖昧さ回避] (MTR) が保有する交流通勤形電車鉄道ファンからは「千九」、「千九五」と呼ばれている。この電車は日本の近畿車輛川崎重工業製である。同形車の1950形についても本項にて説明する。

概要[編集]

  • 2000年(平成12年)12月、旧KCRCは更に72両(4両編成×18本)の車両をIKKに発注した。形式は1900形に50をプラスしたSP1950形となり、2004年(平成16年)12月21日に開業した馬鞍山鉄路(Ma-On-Shan Rail、今の馬鞍山線)で使用されている。
  • 東鉄線用の編成は、全て1編成12両である。西鉄線線向けの編成は現在のところ1編成7・8両であるが。馬鞍山線用は、現在は1編成4両であるが、ホーム有効長は6両分のため、沙田至中環線の建設伴い、2両分のホーム延長工事を実施した、最終8両まで増結可能。
  • 2007年西鉄線延伸区間 (尖東 - 南昌) が開業、7両編成6本が追加投入されている、4本に近畿車輛の新製車、2本に元馬鞍山線用SP1950形電車4両編成2本転入改造および各編成3両近畿車輛製の中間車增結編成組み替え。
  • 2014年沙田至中環線の建設伴い、伊藤忠商事・川崎重工業・近畿車輛3社連合 (IKK-Consortium) は香港MTRから348両車両改造(SP1900全列車、8両先頭車改造いない)ならびに36両中間車供給契約を受注しました。
  • 2015年西鉄線ラッシュ時に混雑緩和を図りおよび沙田至中環線の建設伴い、元阪神用1本転入8両化改造します、改造車MTR初にドア上部および車端部に液晶ディスプレイ (LCD) が設置され、ドア上部画面には次の駅・路線図・ドア開閉方向などを、車端部画面には次の駅・終点駅を表示するを表示する。2016年1月2日西鉄線8両編成のSP1900形電車運行開始。
  • 2016年馬鞍山線ラッシュ時に混雑緩和を図りおよび沙田至中環線の建設伴い、元阪急用1本転入8両化改造します、改造車MTRにドア上部および車端部に液晶ディスプレイ (LCD) が設置され、ドア上部画面には次の駅・路線図・ドア開閉方向などを、車端部画面には次の駅・終点駅を表示するを表示する。2017年1月1日馬鞍山線8両編成のSP1950形電車運行開始。
  • 東鉄線の電車で使用されている信号システムはTBL (ATP)、西鉄線および馬鞍山線ではSeltracとよばれる信号システムを用いる。そのため、ほぼ同じ構造の車両であるが、配属線区により乗務員室機器の配置と運転方法が少し異なる。
  • 車体構造はビードレス外板のオールステンレス軽量構体であり、車端にクラッシャブルゾーンを設けている。なお、側構体は、車両メーカー2社共同で同じ構造のものを製造するため特許の絡む2シート構造ではなく、縦横に骨・外板補強の入っている一般的な構造とされている。

車両編成[編集]

東鉄線 (East Rail Line) 用編成[編集]

全車両 近畿車輛製である。

DT1 PM1 M TWH TCH TH2 MWH PMH TFH MW2 PM2 DT2 備考
D205 P205 M205 H205 C206 H206 M208 P208 F207 M207 P207 D207
D213 P213 M213 H213 C214 H214 M216 P216 F215 M215 P215 D215
D217 P217 M217 H217 C218 H218 M220 P220 F219 M219 P219 D219
D221 P221 M221 H221 C222 H222 M224 P224 F223 M223 P223 D223
D225 P225 M225 H225 C226 H226 M228 P228 F227 M227 P227 D227
D229 P229 M229 H229 C230 H230 M232 P232 F231 M231 P231 D231
  • 備考
    • D 先頭車 (モータ無し)
    • C 中間車 (モータ無し)
    • P パンタグラフ付中間車(モータ車)
    • M 中間車(モータ車)
    • H 簡易運転台付の中間車(モータ無し)
    • F 頭等車(一等車) (モータ無し)
  • オレンジ字は、来たる引退

西鉄線 (West Rail Line) 用編成[編集]

近畿車輛製と川崎重工業製が約半数ずつある。

DT1 PM1 MW1 TH1 TCH MW2 PM2 DT2 備考
D301 P301 M301 C302 M302 P302 D302
D303 P303 M303 H303 C304 M304 P304 D304
D305 P305 M305 C306 M306 P306 D306
D307 P307 M307 H307 C308 M308 P308 D308
D309 P309 M309 H309 C310 M310 P310 D310
D311 P311 M311 H311 C312 M312 P312 D312
D313 P313 M313 C314 M314 P314 D314
D315 P315 M315 C316 M316 P316 D316
D317 P317 M317 C318 M318 P318 D318
D319 P319 M319 H319 C320 M320 P320 D320
D321 P321 M321 H321 C322 M322 P322 D322
D323 P323 M323 C324 M324 P324 D324
D325 P325 M325 H325 C326 M326 P326 D326
D327 P327 M327 C328 M328 P328 D328
D329 P329 M329 C330 M330 P330 D330
D331 P331 M331 H331 C332 M332 P332 D332
D333 P333 M333 C334 M334 P334 D334
D335 P335 M335 H335 C336 M336 P336 D336
D337 P337 M337 C338 M338 P338 D338
D339 P339 M339 C340 M340 P340 D340
D341 P341 M341 C342 M342 P342 D342
D343 P343 M343 C344 M344 P344 D344
D345 P345 M345 C346 M346 P346 D346
D347 P347 M347 H347 C348 M348 P348 D348
D349 P349 M349 C350 M350 P350 D350
D351 P351 M351 C352 M352 P352 D352
D353 P353 M353 C354 M354 P354 D354
D355 P355 M355 C356 M356 P356 D356
D357 P357 M357 H357 C358 M358 P358 D358 [1] [2]
D361 P361 M361 H361 C362 M362 P362 D362 [3]
  • 備考
    • D 先頭車 (モータ無し)
    • C/H 中間車 (モータ無し)
    • P パンタグラフ付中間車(モータ車)
    • M 中間車(モータ車)
    • 赤色字は、川崎重工業製
    • 赤ナス字は、九龍南線延伸時の増備として新製、2009年の開業時に投入。
    • ターコイズ字は、8編成
    • ライトブルー字は、元阪神車両改造。
    • ブラウン字は、元阪急車両改造。
    • 斜体字未増結
    • 斜体字+強調字は、増結工事中
    • オレンジ字は、次の電車増結工事
西鉄用SP1900(増結工事前)
西鉄用SP1900(増結工事後)
車內
ドア
川崎重工業製車両
液晶ディスプレイ
新製中間車通路
車両番号の書体

馬鞍山線 (Ma On Shan Line) 用編成[編集]

馬鞍山線用SP1950形電車(大圍駅)
馬鞍山線用SP1950形電車(大圍駅)
馬鞍山線用SP1950形電車(車公廟駅)
馬鞍山線用SP1950形電車(車公廟駅進入)
馬鞍山線用SP1950形電車(烏溪沙駅)
SP1950形車内

全車両が近畿車輛製。

DT1 PM1 MW1 TH1 TCH MW2 PM2 DT2 備考
D501 P501 M501   D502
D503 P503 M503   D504
D505 P505 M505   D506
D507 P507 M507   D508
D509 P509 M509   D510
D511 P511 M511   D512
D513 P513 M513   D514
D515 P515 M515   D516
D517 P517 M517   D518
D359 P359 M359 H359 C360 M360 P360 D360 [4]
D521 P521 M521   D522
D523 P523 M523   D524
D525 P525 M525   D526
D527 P527 M527   D528
D529 P529 M529   D530
D531 P531 M531   D532
  • 備考
    • D 先頭車 (モータ無し)
    • P パンタグラフ付中間車(モータ車)
    • M 中間車(モータ車)
    • C/H 中間車 (モータ無し)
    • ターコイズ字は、8編成
    • ライトブルー字は、元阪神車両改造。
    • ブラウン字は、元阪急車両改造。
  • オレンジ字は、来たる引退。

増結工事・廃車[編集]

東鉄線廃車[編集]

  • 201/203編成:2015年7月2日引退[5],11月28日廃車(R-Stock電車第1編成と置き換え)
  • 209/211編成:2015年12月21日引退[6],2016年5月15日廃車(R-Stock電車第2編成と置き換え)

西鉄線増結工事[編集]

編成 増結工事開始 増結工事終了 再サービス日 備考
303/304 2016/7/1 2016/7/29 2016/7/29[7] 再サービス日列車番号:001
307/308 2016/12/1 2016/12/ 2016/12/ 再サービス日列車番号:
309/310 2016/7/30 2016/8/24[8] 2016/8/26[9] 再サービス日列車番号:057
311/312 2016/5/30 2016/6/30 2016/6/30[10] 再サービス日列車番号:026
319/320 2016/9/29 2016/10/25 2016/10/28[11] 再サービス日列車番号:015→057→029
321/322 2016/11/1 2016/11/29 2016/11/29[12] 再サービス日列車番号:001
325/326 2016/1/15 2016/3/6[13] 2016/3/25[14] 再サービス日列車番号:006
新製中間車元番号H355
331/332 2016/9/1 2016/9/28 2016/9/28[15] 再サービス日列車番号:001
335/336 2016/5/5 2016/5/29 2016/5/29[16] 再サービス日列車番号:001
新製中間車元番号H353
347/348 2016/4/15 2016/4/29 2016/4/29[17] 再サービス日列車番号:001

馬鞍山線廃車[編集]

  • 519/520編成:2015年11月3日引退[18],2016年2月21日廃車(359/360編成と置き換え)

事故[編集]

2007年2月14日9時13分(現地時間)西鉄線 (West Rail Line) トンネル内で列車火災を起こして緊急停車。約650人の乗客がトンネル内を約2キロ歩いて避難するという事故があった。煙を吸い込んだ乗客11人が病院に運ばれたが、死者や重傷者はなかった。火災は2回の爆発を伴ったという。現地報道では車両の屋根に取りつけられた変圧器(三菱製)からオイルが漏れ、それに引火したのが原因だとの見方が伝えられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]
  5. ^ [5]
  6. ^ [6]
  7. ^ [7]
  8. ^ [8]
  9. ^ [9]
  10. ^ [10]
  11. ^ [11]
  12. ^ [12]
  13. ^ [13]
  14. ^ [14]
  15. ^ [15]
  16. ^ [16]
  17. ^ [17]
  18. ^ [18]