香港地下鉄Rotem電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香港地下鉄Rotem電車
HK Tung Chung Line Train.jpg
東涌線韓国製列車(欣澳駅)
基本情報
製造所 ロテム三菱電機
製造年 将軍澳線2001年-2002年
東涌線2004年-2005年
製造数 将軍澳線:104両13本
東涌線:32両4本
運用開始 将軍澳線:2002年4月26日
東涌線:2006年6月12日
主要諸元
編成 8両編成 (6M2T)
軌間 1,432mm(狭軌
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 将軍澳線:80 km/h
東涌線:135 km/h
設計最高速度 将軍澳線:90 km/h
東涌線:140 km/h
起動加速度 将軍澳線:
4.68 km/h/s(手動運転)
3.6 km/h/s(自動運転)
東涌線:3.6 km/h/s
減速度(常用) 将軍澳線:4.86 km/h/s
東涌線:3.6 km/h/s
減速度(非常) 5.04 km/h/s
車両定員 将軍澳線:375人
東涌線:
377人 (先頭車)
378人 (中間車)
全長 将軍澳線:
先頭車:23,230 mm
中間車:22,000 mm

東涌線:
先頭車:23,788 mm
中間車:22,000 mm
全幅 3118 mm
全高 3698 mm
床面高さ 1250 mm
主電動機 開放型三相誘導電動機
MB-5086-A1(将軍澳線)
MB-5116-A1(東涌線)
主電動機出力 将軍澳線:155 kW
東涌線:210 kW
駆動方式 WNドライブ
歯車比 将軍澳線:101:14 (7.21:1)
東涌線:95:17 (5.59:1)
編成出力 3,720 kW (将軍澳線)
5,040 kW (東涌線)
制御装置 三菱IGBT素子VVVFインバータ制御(PWM制御)
MAP-214-15VD143(東涌線)
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATPATO (自動列車運転装置)
テンプレートを表示
観塘線のK-Stock電車
将軍澳線のK-Stock電車の内部

Rotem電車 (ローテムでんしゃ)は、香港鉄路 (港鉄)の直流通勤形電車。正式には将軍澳線用がC651型電車 (-がたでんしゃ)、東涌線用がC6522-04E型電車 (-がたでんしゃ)である。

概要[編集]

将軍澳線の開業に向けて、韓国ロテム社で104両が製造された。なお、電装機器は三菱電機製である。基本設計は、従来のMTR車両をベースにしている。

将軍澳線用として製造されたが、過去には観塘線で使用されている。

東涌線[編集]

2003年の九広西鉄線と南昌駅、2005年ディズニー線欣澳駅が開業した事と、混雑緩和を目的とする増発の為、4編成が導入された。営業最高速度は135km/hである。台車には最高速度135km/hに対応するためヨーダンパが設置されており、観塘線のK-Trainは省略されている。

東鉄線

沙田から中環までの南北線建設に伴い、在来車の置き換え目的も含めて、2012年に韓国ロテムに9両編成37本計333両を発注した。4号車は一等車廂。塗装・内装は、未來のMTR車両に準じたものになる見込みで、既に数編成が香港に到着しており、試運転を経て2019年より順次運用開始される予定。


関連項目[編集]