沙田至中環線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沙田至中環線(さでんしちゅうかんせん、簡称沙中線)は香港新界沙田香港島を結ぶ香港MTRの建設中の鉄道路線である。

路線[編集]

沙田至中環線の予定路線と駅

沙中線は香港で人口が最も多い新界・沙田エリアから九龍半島東部を抜け、ヴィクトリア・ハーバーを海底トンネルで横断し香港島の中環(セントラル)エリアに至る、全長約17キロの路線である。

区間は10カ所に駅を設置。区間は二期の建設期間に分けられ、第一期の駅は大囲顕径鑽石山啓徳宋皇台土瓜湾何文田紅磡。第二期の駅は、紅磡で海底トンネルを通って、会展金鐘になる。[1][2]

うち乗換駅が大囲駅(東鉄線)、鑽石山駅(観塘線)、何文田駅(観塘線)、紅磡駅(東鉄線中国直通列車)、会展駅(北港島線・計画中)金鐘駅(荃湾線港島線南港島線)である。

第一期区間の大囲 - 紅磡間(2018年5月以前は東西走廊と呼称)は開業時より馬鞍山線及び西鉄線と直通し、屯馬線として一体化された運行が行われる[3][4]。第二期区間の紅磡 - 金鐘間(2018年5月以前は南北走廊と呼称)は開業時より紅磡から東鉄線に直通し、名称も東鉄線が踏襲される[5]

大囲 - 紅磡間は2019年、紅磡 - 金鐘間は2021年の開通を予定している。

使用予定の車両[編集]

屯馬線(東西走廊)[編集]

全て8両編成での運行となる。

東鉄線(南北走廊)[編集]

現在の12両編成から9両編成へと短縮され、車両も一種類に統一される。

  • R-Train(港鉄東鉄線現代列車)- 韓国・現代ロテムにて製造。2019年より運行開始予定。

これによって既存のMLR形は引退、SP1900形は屯馬線へ転属となる。


諸問題[編集]

建設費の増大が問題になっている。当初、立法会は沙中線の建設予算として714億香港ドル(約7,344億円)の支出を承認した。しかしながら、2012年3月まで、建設コストと路線の変更によって、予算が798億香港ドルに増額している。[6][7]2017年12月までに、建設コストと路線の変更によって予算が971億香港ドルに増額している。[8]

また、構造物の手抜き工事が問題になり、2018年8月にはMTRのリンカーン・リョン(梁国権)CEOが退任する事態にもなった[9]

脚注[編集]

  1. ^ KCR沙中線は紅磡を先行建設へ
  2. ^ 香港MTR沙中線
  3. ^ MTR沙中線
  4. ^ 工事中の鉄道
  5. ^ (繁体字中国語)沙中線東西走廊命名「屯馬線」 紅磡至金鐘沿用「東鐵線」2018-05-25,明報
  6. ^ NNA - MTR沙中線建設、立法会が予算承認
  7. ^ 沙中線造價飆至798億(中国語)
  8. ^ 沙中線最新造價971億 主體工程超支約165億(中国語)
  9. ^ MTRC、手抜き工事問題でCEO退任へ 香港・マクロ・統計・その他経済” (日本語). NNA.ASIA. 2019年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]