黄大仙区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黃大仙区
Wong Tai Sin District
Hong Kong Wong Tai Sin District.svg
地区 九龍東
面積 9.36k㎡
総人口 (2010年) 418,900人
人口密度 45,540人/k㎡
成立日時 1981年5月6日
民政事務専員 蕭偉全
区議会主席 李徳康
区議会選挙区数 25個
黃大仙区地標:黃大仙祠牌楼

黄大仙区(こうだいせんく、広東語読み:ウォンタイシンキョイ) は、香港の18の区の1つであり、唯一の内陸区。住民は、教育水準、平均収入が最も低く、最も平均年齢が高く、人口密度が2番目に高い。

鑽石山(さんせきざん、ダイヤモンドヒル)、横頭磡(こうとうかん)、楽富(らくふ)、竹園(ちくえん)、黄大仙慈雲山 (しうんざん)、鳳凰(ほうおう)、彩虹(さいこう)、彩雲(さいうん)、いくつかの主要な公営住宅地所のある地域がこの区に位置する。住民の85パーセント以上は公共住宅に住んでいる。

区が名前は、区域内の黄大仙に奉納された黄大仙祠に由来している。

また、朝時代の様式で建てられた観光名所の志蓮淨苑が位置している。

交通[編集]

龍翔道とMTR観塘線によって接続されている。駅は、彩虹駅、鑽石山駅、黄大仙駅、楽富駅である。

座標: 北緯22度20分01秒 東経114度11分49秒 / 北緯22.33361度 東経114.19694度 / 22.33361; 114.19694