中華人民共和国におけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国の旗 中華人民共和国におけるLGBTの権利
中華人民共和国
同性間の
性交渉
中国本土:1997年より非犯罪化
香港:1991年より非犯罪化
マカオ:1996年より非犯罪化
性自認/性表現 中国本土:トランスジェンダーは法的な性別の変更可
香港:なし
同性間の
関係性の承認
なし
同性カップルによる
養子縁組の引受
なし
同性愛者を
公表しての
軍隊勤務
不明
差別保護 なし

中華人民共和国LGBTレズビアンゲイバイセクシャルトランスジェンダー)には、非LGBTの人々にはない法的課題が存在している。同性愛は違法ではないが、同性カップルや、同性カップルを長とする家族は異性間のカップルが享受できる法的保護を得ることができない。

概要[編集]

同性愛者の事を「同志」と呼ぶ。中国には同性愛者が4000万人居り、その内3000万人が男性だと見積もられている[1]

法的地位[編集]

中国本土[編集]

古来

中国における同性愛の歴史は数千年に及ぶが、男色を表す言葉に、竜陽君断袖zh[2]分桃[3]などがある。

中世

中世の頃の中国は欧州と比べ同性愛への敵視も少なく、福建省のように同性愛が顕著な地域もあった。清初の福建ではzh:兎児神(男色の縁結びの神)という言葉も生まれている。だが同時に清朝の1647年に成立した「清律」には、ソドミーの中で㚻姦(又は鶏姦、肛門性交)を禁ずる「㚻姦罪條」が設けられた。明代末期の社会の混乱に対応させたもので、㚻姦條では違反した者に1ヶ月の懲役と100回の重い打撃刑が科せられた。

共産主義中国建国後

共産主義中国樹立後、多くの人民が反政府活動などで投獄されたが、その中にLGBTの人々がどれだけ含まれていたかなどは不明である。1980年代より前の中国共産党政府の公式な同性愛に関する政策は殆ど知られていないが、1957年、最高人民法院は自発的行為に基づくソドミーは犯罪行為ではないとする判断を下している[4]。これによれば、成年同性間の合意に基づく私的な性行為はいかなるものも法に触れないとした[5]

文革以降

しかし文化大革命後の1979年の刑法では、成人男性間の私的で非商業的な合意に基づく性行為も「流氓罪」[6]として、拘留や労働教育刑、罰金の対象になった[7]。(但しこの時代も流氓罪という漠然とした罪名であり、一部イスラム圏のように同性愛自体を明確に違法化した法律があるわけではなかった)。『Conduct Unbecoming』によると毛沢東は、同性愛者を含む「性的な逸脱者」の性的な去勢を信じていた[8]。また1980年代、政府や家族から性的指向による虐待や組織的な嫌がらせに直面し、亡命による保護を求める男性がいた。当時、中国政府は同性愛を病気とみなして、男性同性愛者に性的指向を変えるために電気ショック療法などを受けさせていた[9]

1997年 - 非犯罪化へ

それでも1978年以降の改革開放の潮流は止められず、1997年の刑法改定で流氓罪の適用が取り消され、同性愛行為は非犯罪化された[10] 。そして2001年には中華人民共和国衛生部の精神疾患リストから除外された。

現在

現在(2013年時点)、同性愛行為は非犯罪化されたが、同性結婚シビル・ユニオンなどの同性間のリレーションシップや、同性カップルの養子縁組は法的に認められておらず、性的指向性自認に基づく差別を禁じる法律もない。

2010年時点ではテレビや映画における同性間のリレーションシップに関する表現は検閲が行われ、同性愛映画も公式上映は認められていない[11]。また同性間の買春には警察による逮捕者が出ている[要出典]。この様に大陸系一般メディアでは同性愛は未だ非公然のものである。

香港[編集]

香港では1984年、ゲイとレズビアンの団体「10パーセント・クラブ」が組織された。1991年には同性愛が非犯罪化され、性的同意年齢は2006年に異性間と同性間の差が是正された。同性間の関係性に関する法的承認はないが、トランスジェンダーの人は公的書類に記載されている性別欄の殆どを変更することができる。1991年の香港権利章典条例により政府による差別は違法化されたが、法適用外の私的範囲では違法化されていない。

1990年代ころから自身もゲイであるレスリー・チャンが主演した「ブエノスアイレス 」などゲイ映画が比較的多くつくられ始めている。

マカオ[編集]

マカオにおいて同性結婚は法制度化されていない。2005年より性的指向に基づく差別の禁止は、個人情報の保護領域(2005年)、労使関係(2008年)、オンブズマン(2000年、2012年に法改正)と段階的に進められた。

中華人民共和国における同性結婚[編集]

歴史[編集]

人物[編集]

中国にて同性愛をカミングアウトしたりLGBTの権利擁護活動を行なっている著名な人々の一例として以下が挙げられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【鼓動】中国4000万人の同性愛者 伝統観念や偏見、差別に苦悩+(1/4ページ) MSN産経ニュース
  2. ^ 董賢と一緒に寝ていた哀帝が、哀帝の衣の袖の上に寝ていた董賢を起こさないようにするため衣を切って起きたことから同性愛を指すようになった。
  3. ^ 韓非子の故事であり、それによると衛に弥子瑕という主君から寵愛された少年がいた。ある日に主君とともに果樹園に遊びに行き、桃の食べかけを主君に献じた所、大いに喜ばれた。これにより分桃は同性愛を指すようになった。しかし、年を経ると主君の弥子瑕への寵愛は薄れ、かつて食べかけの桃を食べさせたことを理由に罰を受けた。このことを君主の寵愛の気まぐれなことを意味して「余桃の罪」という。
  4. ^ http://www.law-lib.com/Law/law_view.asp?id=1218 最高人民法院关于成年人间自愿鸡奸是否犯罪问题的批复
  5. ^ 但し最高人民法院が犯罪ではないと判断を下したということは、同性愛行為は違法だとする声が強くあったからなのかなどについては未検証である。
  6. ^ 流氓罪=(騒ぎを起こしたり喧嘩を吹きかけたり、女性にいたずらしたりして)社会の治安を乱し人身の安全を脅かす罪(中国語辞書-Weblio日中中日辞典より)。
  7. ^ 『人权视野下的同性恋权利』(著者:代敏 四川大学法学院)
  8. ^ 『Conduct Unbecoming』(Randy Shilts著)
  9. ^ 1990年1月29日ニューヨークタイムズ「China Using Electrodes To 'Cure' Homosexuals.」
  10. ^ ただし同性愛行為をした者同士の一方が18歳未満の場合は、成年のパートナーが起訴対象となる。2002年の判例では、未成年と肛門性交を行った男性が3年半の実刑を受けた記録がある [要出典]
  11. ^ 正確には香港のゲイ映画だが「藍宇 〜情熱の嵐〜」(2002年)は中国本土での正式上映は許可されなかった(2006年にDVDは発売された)。また台湾人監督がアカデミー監督賞を受賞した「ブロークバック・マウンテン」も公開されず、受賞ニュースも大陸系メディアはゲイの部分をカットして報じた(2006年3月7日ロイター)。

外部リンク[編集]