中村吉治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 吉治(なかむら きちじ、1905年2月4日[1] - 1986年12月10日[2])は、日本歴史学者社会史・農民史・村落共同体に関する著書多数。

経歴[編集]

長野県上伊那郡朝日村平出(現在の辰野町)に生まれる[1]。朝日尋常高等小学校、長野県諏訪中学校を経て、1925年3月に旧制第三高等学校文科丙類を卒業[3]京都帝国大学入学後、東京帝国大学に再入学し、1929年3月に同大学文学部卒業[2][4]

1929年、東京大学史料編纂所に入所し、1933年3月まで勤めた[5]のち、東北帝国大学法文学部助教授[6]。1941年に同教授となり、1968年定年退官[2]。同年、國學院大學経済学部教授、1981年退任[2]

1951年に「近世初期に於ける勧農について」により、東北大学から経済学博士の学位を授与される[7]。1968年に東北大学名誉教授。

皇国史観一色に染まった戦前・戦中の歴史学界にあって、小野武雄古島敏雄などと雑誌「歴史学研究」「社会経済史学」などで、土一揆の研究や農民史の研究を発表し続けた。

同郷の先輩に社会学で有名な有賀喜左衛門がいたことや、柳田國男と親交があった関係で、民俗学社会調査を取り入れた社会史研究はユニークである。

逸話[編集]

豚に歴史はありますか

中村が東京帝国大学時代、卒業論文の指導を受けに平泉澄助教授を訪ねた。その時のことを、後年、中村自身が「私は百姓の歴史をやるといったら、えらく怒られもしないけれど、蔑視されちゃった。百姓に歴史はありますかというわけだ。何ですかと詳しく聞こうとしたら、豚に歴史はありますかとたたみかけられて、それで次ということになった」[8]と語った。この逸話は、後に『歴史手帖』などでも繰返し述べられ、広く知られるようになった。

著書[編集]

  • 『武家の歴史』(岩波書店)1967
  • 『日本社会史(新版)』(山川出版社)1970
  • 『村落構造の史的分析』(御茶の水書房)
  • 『中世農業史論』(山川出版社)
  • 『土一揆研究』(校倉書房)
  • 『大乗院寺社雑事記』(校訂分担)
  • 『近世初期農政史研究』(岩波書店)
  • 『日本の村落共同体』(日本評論新社)
  • 『家の歴史』(角川書店)1957 (農山漁村文化協会)1978
  • 『社会史I』(山川出版社)1965
  • 『日本の封建社会』(校倉書房)1979
  • 『日本封建制の源流』(上・下)(刀水書房)1984

資料[編集]

  • 東北大学史料館(宮城県仙台市青葉区片平2-1-1)において「中村吉治文書」(論文原稿、研究ノート、学内行政関係等)が保存・公開されている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連人物[編集]