中村区役所駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中村区役所駅
中村区役所駅1番出入口
中村区役所駅1番出入口
なかむらくやくしょ - Nakamura Kuyakusho
(0.9km) 名古屋 S02►
所在地 名古屋市中村区太閤通三丁目27-3
駅番号 S01
所属事業者 名古屋市交通局
名古屋市営地下鉄
所属路線 桜通線[1]
キロ程 0.0km(中村区役所起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,471人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1989年平成元年)9月10日[1]
2番出入口

中村区役所駅(なかむらくやくしょえき)は、愛知県名古屋市中村区太閤通三丁目にある、名古屋市営地下鉄桜通線である。駅番号はS01、駅アクセントカラーは水浅葱

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、可動式ホーム柵が設置されている。ホームは20m車8両編成まで対応している。

のりば
1 桜通線 名古屋今池新瑞橋野並徳重方面
2 桜通線 降車専用ホーム

地上との出入口は、環状線(名古屋市道名古屋環状線)と太閤通(愛知県道68号名古屋津島線)の交差点にあるが、改札口はやや東方(名古屋駅寄り)にある。

当駅は終端駅であり、名古屋駅とは反対側に留置線を3本有する。徳重方面から当駅2番線で終着した車両は、この留置線に一旦引き上げて折り返し、1番線に入ってくる。この留置線は、かつて中村区役所検車区として、車両の簡単な清掃や検修、日常検査などを行っていた。しかし、2011年3月の名古屋市交通局徳重車庫の使用開始とともに、この検車区は廃止となり、現在は電留線としての機能のみを残している。

利用状況[編集]

2013年度の乗車人員は1,996,769人である[2]。したがって、同年度の1日平均乗車人員は5,471人である。

開業以降の年度別乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別乗車人員
年度 乗車人員
1日平均 年度毎[2]
1989年(平成元年) [3] 2,899 588,511
1990年(平成02年) 2,885 1,053,119
1991年(平成03年) 3,818 1,404,774
1992年(平成04年) 3,960 1,445,420
1993年(平成05年) 4,251 1,551,675
1994年(平成06年) 4,258 1,554,300
1995年(平成07年) 4,510 1,650,687
1996年(平成08年) 4,576 1,670,237
1997年(平成09年) 4,381 1,599,227
1998年(平成10年) 4,616 1,684,937
1999年(平成11年) 4,517 1,648,531
2000年(平成12年) 4,689 1,711,341
2001年(平成13年) 4,998 1,824,326
2002年(平成14年) 5,265 1,921,632
2003年(平成15年) 5,305 1,941,460
2004年(平成16年) 4,831 1,763,229
2005年(平成17年) 5,052 1,843,945
2006年(平成18年) 5,158 1,882,619
2007年(平成19年) 5,138 1,880,402
2008年(平成20年) 5,288 1,930,290
2009年(平成21年) 5,097 1,860,284
2010年(平成22年) 4,854 1,771,882
2011年(平成23年) 4,996 1,828,429
2012年(平成24年) 5,224 1,906,638
2013年(平成25年) 5,471 1,996,769

駅周辺[編集]

駅周辺は平成21年6月1日より、自転車等放置禁止区域に指定されている。

バス[編集]

最寄り停留所は、太閤通(愛知県道68号名古屋津島線)と環状線(名古屋市道名古屋環状線)の交差点付近にある中村区役所である。以下の路線が乗り入れ、名古屋市営バス名鉄バスにより運行されている。

  • 幹栄2:行、新大正橋西行(市営)
  • 名駅22:名古屋駅行、横井町行(市営)
  • 名駅23:名古屋駅行、横井町行、岩塚本通四丁目行(市営)
  • 名駅24:名古屋駅行、大治西条行(市営)
  • 名駅29:本陣経由名古屋駅行(市営)
  • 中村13:稲西車庫行(市営)
  • 深夜2:栄行、地下鉄高畑行(市営)
  • 中村巡回:本陣行、稲西車庫行(市営)
  • 栄行、名鉄バスセンター行、津島行、大坪行(名鉄)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋市営地下鉄
桜通線
中村区役所駅 (S01) - 名古屋駅 (S02)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “地下鉄桜通線きょう20周年 記念グッズも販売”. 中日新聞 (中日新聞社). (2009年9月10日)
  2. ^ a b 市営地下鉄 各駅乗車人員の推移 - 名古屋市
  3. ^ 1989年9月10日開業。開業日から翌年3月31日までの203日間のデータ。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]