中川申也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中川 申也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県平鹿郡山内村(現:横手市
生年月日 (1973-06-30) 1973年6月30日(45歳)
身長
体重
176 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中川 申也(なかがわ しんや、1973年6月30日 - )は秋田県平鹿郡山内村(現:横手市)出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

山内中3年時にエースとして全県大会(第54回・秋田県全県少年野球大会)に出場、決勝で延長戦の末0-1で敗れる(この試合の対戦相手のエース・斎藤幸治(後の東芝)とは高校でチームメートになる)。

高校に進学後の第71回全国高等学校野球選手権大会の初戦出雲商業戦で1年生で背番号11ながら先発し完投完封勝利を収める。この大会で秋田経法大付属高はベスト4に進出して注目を集める。また、中川は甘いマスクの持ち主で甲子園のアイドル的存在になる。

1990年第62回選抜高等学校野球大会にて学年が2年に上がり背番号も1に昇格し、満を持して出場するも、開幕試合にて内之倉隆志らがいた鹿児島実業戦にて、9回に逆転され初戦で敗退する。

第72回全国高等学校野球選手権大会に出場して初戦の兵庫代表・育英戦で戎信行投手と延長13回を投げ合い勝利を収めるも3回戦の横浜商業戦に延長の末敗れ、最後の甲子園になる。

3年生になってからは選抜には出場できず、夏の大会でも秋田大会決勝に進出するも秋田高校に敗れ、最後の夏を甲子園出場で飾ることはできなかった。

1991年に阪神タイガースよりドラフトで指名される。1993年はルーキーリーグ・ブリストル・タイガースに野球留学した。公式戦出場なしで1995年に現役を引退。

引退後は建設会社に就職。会社員として勤務する一方、各地で子供達に野球を教えているとのこと。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 53 (1992年 - 1995年)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]