上泉徳弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上泉 徳弥
Kamiizumi Tokuya.jpg
生誕 1865年11月13日
死没 (1946-11-27) 1946年11月27日(81歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1888 - 1914
最終階級 海軍中将
除隊後 国風会会長
テンプレートを表示

上泉 徳弥(かみいずみ とくや、1865年11月13日慶応元年9月25日) - 1946年11月27日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

米沢藩士(興譲館教頭)・上泉清次郎の長男として生まれる。私立米沢中学校攻玉社を経て、1886年12月、海軍兵学校12期)を卒業し、1888年1月に海軍少尉任官。海軍大学校で丙号学生として学び、「日進」「葛城」「高千穂」の各分隊長、佐世保海兵団分隊長、呉鎮守府参謀、大連湾要港部副官、「龍田」分隊長、「済遠」砲術長などを経て、1897年12月、海大将校科(1期)を卒業し、さらに水雷術練習所で学んだ。

鎮遠」水雷長、「八重山」副長、「敷島」回航委員・水雷長、「秋津洲」「千代田」の各副長、佐世保海兵団副長、竹敷要港部第2水雷敷設隊司令、「高砂」副長、軍令部副官、兼同第1局員などを歴任。日露戦争では、大本営運輸通信部参謀であった。「浪速」「吾妻」「生駒」の各艦長横須賀工廠付、「薩摩」艦長などを経て、1909年12月、海軍少将に進級。

大湊要港部司令官、鎮海防備隊司令官、横須賀水雷団長、横須賀水雷隊司令官、第1艦隊司令官、佐世保水雷隊司令官などを歴任し、1914年12月1日に海軍中将となり予備役に編入された[1]。その後、国風会会長を勤めた。米沢海軍武官会会員。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

家族等[編集]

その他[編集]

  • 海軍内部きっての右派として知られた。
  • 日露戦争開戦前、若手の陸海軍軍人、官僚が料亭「湖月亭」に集い、早期開戦を訴えた。この通称「湖月会(湖月組)」の一人である(秋山真之も参加)。
  • 攻玉社在学中には以下の有名なエピソードがある。
    • 入学に当たって校長の近藤真琴に面会した際、「お前が校長先生か」と口にして、「口のきき方を知らぬ」と激怒させた。周囲の者から、米沢弁では誰が相手でも「お前」なのだと聞かされ、怒りを解いたという。
    • 教室のランプのオイルを入れる時に、誤って油を机にこぼしてしまった。「揮発性だから燃焼させれば蒸発するだろう」とひらめき、火をつけて机を炎上させてしまった。
  • 映画「二百三高地」では上泉中佐を若林豪が演じている。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第701号、大正3年12月2日。
  2. ^ 『官報』第2276号「叙任及辞令」1891年2月3日。
  3. ^ 『官報』第5230号「叙任及辞令」1900年12月6日。
  4. ^ 『官報』第5508号「叙任及辞令」1901年11月11日。
  5. ^ 『官報』第6494号「叙任及辞令」1905年2月25日。
  6. ^ 『官報』第7998号「叙任及辞令」1910年2月23日。
  7. ^ 『官報』第731号「叙任及辞令」1915年1月12日。
  8. ^ a b 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日

文献[編集]

  • 長沢直太郎編『上泉徳弥伝』上泉きう、1955年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 上泉徳弥関係文書研究会「資料「上泉徳弥関係文書」解題及び目録」(法学研究<慶應義塾大学法学研究会>72-1、1999年)
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 飯森明子「上泉徳弥」(伊藤隆季武嘉也編『近現代日本人物史料情報辞典 3』吉川弘文館、2007年12月、ISBN 978-4-642-01447-2
  • 松野良寅『海軍王国の誕生』米沢有為会、1997年。