三砂ちづる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三砂 ちづる(みさご ちづる、1958年[1]9月[要出典] - )は、日本の疫学者。津田塾大学国際関係学教授山口県[1]光市[要出典]生まれ。

概要[編集]

山口県で生まれ[1]兵庫県西宮市で育つ[1]1981年京都薬科大学卒業[1]1999年ロンドン大学Ph.D.疫学[1]。ロンドン大学衛生熱帯医学院研究員、JICA疫学専門家として活動[1]2001年国立公衆衛生院(国立保健医療科学院)疫学部勤務を経て[1]2004年津田塾大学教授[1]

著書[編集]

  • 『昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力』宝島社2004年 のち文庫 2008年
  • 『オニババ化する女たち―女性の身体性を取り戻す』光文社新書、2004年 
  • 『疫学への招待―周産期を例として』医学書院2005年 
  • 『コミットメントの力 人と人がかかわるとき』 NTT出版2007年
  • 『月の小屋』毎日新聞社2008年
  • 『きものとからだ』バジリコ、2008年 (のち改題『きものは、からだにとてもいい』(講談社+α文庫) 2013年
  • 『タッチハンガー がんばり続けてなお、満たされないあなたへ』マガジンハウス2009年 『抱きしめられたかったあなたへ』講談社+α文庫
  • 『産みたい人はあたためて』飛鳥新社、2009年
  • 『不完全燃焼、ベビーバギー、そして暴力の萌芽について』毎日新聞社 2009年
  • 『不機嫌な夫婦 なぜ女たちは「本能」を忘れたのか』朝日新書 2012
  • 『五感を育てるおむつなし育児』中野美和子 医学監修 和田知代 実践指導 主婦の友社 2013
  • 『太陽と月の物語』春秋社 2013
  • 『女を生きる覚悟』KADOKAWA 2014
  • 『女が女になること』藤原書店 2015
  • 『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』ミシマ社 2016

共編著[編集]

訳書[編集]

  • Phyllis K. Danis『パワー・オブ・タッチ』メディカ出版、2003 
  • Phyllis K. Danis『わたしにふれてください』葉祥明絵 大和出版、2004 
  • パウロ・フレイレ『新訳被抑圧者の教育学』亜紀書房 2011

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Misago Chizuru | 世界の 変革は あたたかい からだ から

外部リンク[編集]