ヴィクター型原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィクター型原子力潜水艦
浮上航行中のヴィクター3型
浮上航行中のヴィクター3型
基本情報
艦種 攻撃型原子力潜水艦 (SSN)
(潜水巡洋艦→一等大型原子力潜水艦)
運用者  ソビエト連邦海軍
 ロシア海軍
就役期間 1967年11月5日-
建造数 48隻
前級 627型 (ノヴェンバー型)
次級 705型 (アルファ型)
945型 (シエラ型)
テンプレートを表示

ヴィクター型原子力潜水艦(ヴィクターがたげんしりょくせんすいかん 英語: Victor-class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍の攻撃型原子力潜水艦の艦級に対して付与されたNATOコードネーム。ソ連海軍での正式名は671型潜水艦ロシア語: Подводные лодки проекта 671)、計画名は「ヨールシュ」(: ≪Ёрш≫)であった。また発展型の671RT型(計画名:スョームガ≪Сёмга≫)はヴィクターII型671RTM型シチューカ≪Щука≫)はヴィクターIII型のNATOコードネームを付された[1]。公式の艦種類別は、当初は潜水巡洋艦、1977年以降は一等大型原子力潜水艦(Большая подводная лодка, BPL)となった[2]

来歴[編集]

ソ連海軍では、初の原潜としてノヴェンバー型を建造した。まずプロトタイプとして627型が建造され、1957年8月9日に進水した。続いて量産型としての627A型が建造され、1962年12月までに12隻が建造された。同型は、理論上は10万海里以上という長大な航続距離を誇っていたものの、信頼性の低さのために、実際には依然として通常動力型潜水艦が艦隊の主力を担っており、キューバ危機の際にも派遣できず、問題になった。また当時、アメリカ海軍では、静粛性に優れた小型原潜として「タリビー」の建造を進めていたことから、これに対抗して、ソ連海軍も、1950年代末期より対潜攻撃原潜の計画をスタートした[3]

1958年8月28日、ソ連政府は「第2世代原潜」の開発計画をスタートし、同年12月、各種原潜の設計・建造に関する7ヶ年計画(1959年~65年)をまとめた。そして1959年11月3日、同計画に基づき、「魚雷と近代的な水中音響観測システムを備える原潜」として建造が承認されたのが671型である。1960年12月、第143特別設計局は671型の技術設計図を完成し、1961年3月、政府はこれを承認した。これによって建造されたK-38は1967年11月に就役した[2]

一方、当時のアメリカ海軍は、フォレスタル級や「エンタープライズ」といった水中防御に優れた大型空母の整備を進めるとともに、水上艦や原潜も急速に増強されていた。ソ連海軍では、これに対抗するため、1961年11月より対艦・対潜攻撃原潜の設計に着手した。1964年には671RT型と命名され、1967年6月には基本設計が承認され、1971年から1978年までに7隻が建造された[2]

この時期、シクヴァル超高速魚雷、グラナト(SS-N-21)巡航ミサイルといった新兵器の開発が進められていた。この新兵器の運用を前提に開発されたのが671RTM型で、1973年11月に技術設計案が承認され、1976年から1992年までに27隻が建造された[2]

設計[編集]

ヴィクターI型 (671型)
ヴィクターII型 (671RT型)
ヴィクターIII型 (671RTM型)

船体[編集]

627型では、アメリカ海軍の「アルバコア」の写真を多少参考にしたとはいえ、基本的には611型(ズールー型)を母体としており、通常動力型の影響を引きずっていた。これに対し、671型では水中航行を最優先に設計された。開発にあたっては、1958年に第34設計局が開発していた667型潜水艦の設計がベースとされており[注 1][4]、船体形状としては前部は回転楕円形、後部は円錐形とすることで、涙滴型に近いシルエットとなった。また水中抵抗の低減を意図して、セイルは船体と一体化した設計とされたが、これはソ連攻撃原潜の特徴となった[2]

本型では1軸推進方式が採用された。これは冗長性の低下を許容してでも水中放射雑音の低減を重視した措置であったが、船体設計上も、主タービンと歯車減速機を同一区画に収められるようになったことから、船体全長を短縮でき、水中抵抗の重要な因子となる表面積も低減され、排水量の増大にもかかわらず627型と同程度となった。アドミラルティ係数中国語版は627型の2倍になり、アメリカ海軍のスキップジャック級と同程度となった[2][注 2]

船体構造材にはチタンの採用も検討されたものの、工作技術に不安が残ったことから棄却され、かわって第48中央研究所(後のプロメテイ中央研究所)が開発したAK-29高張力鋼が採用された。これは海上自衛隊のNS80に相当する強度を備えており、潜航深度は400メートルに達した。またアンテナのフェアリングと舵はチタン、セイルはAMg-61アルミニウム合金製となった[2]

船体表面にはゴム製の水中吸音材を張り、セイルやアンテナ・フェアリングには特種な吸音ペイントを塗るなど、静粛性の向上が図られている。これにより、671型の水中放射雑音レベルは627型より5~10デシベル低下し、スキップジャック級と同程度となった。また671RT型や671RTM型では、更に下記のように水中放射雑音の低減策が施されている。1996年にヘブリディーズ諸島付近を哨戒中だった671RTM型の乗員が急病となったことから、付近で対潜戦演習中だったNATO艦艇に救援を要請した際にも、イギリス海軍では救援要請を受けるまで同艦の存在そのものに気付いておらず、大きな衝撃を受けたとされる[2]

米ソ潜水艦の水中放射雑音の推移[6]
水中放射雑音[7]
設計 5~200 Hz 1 kHz
671型
(ヴィクターI型)
165 dB 145 dB
671RT型
(ヴィクターII型)
163 dB 143 dB
671RTM型
(ヴィクターIII型)
152 dB 132 dB
671RTM型中期型
(改ヴィクターIII型)
132 dB 112 dB

機関[編集]

原子炉は、初期案では1基とされていたが、最終的に並列2基となり、特別機械設計局のアフリカントフ主任設計官が開発したVM-4P型加圧水型原子炉が採用された。627型で搭載されたVM-A型と比して出力は7パーセント増加し、核燃料の寿命は8年に延伸された。なお上記の通り、本型では1軸推進方式が採用されており、OK-300型タービン1基が搭載された。671型1番艦K-38の海上公試では水中速力34.5ノットをマークしたが、これは当時の潜水艦世界記録であった。8番艦以降では歯車減速機の構造が見直されたことで、発生雑音は半減した。また671RT型では、タービンやターボ発電機などを2段サスペンションのプラットフォーム上に架して、発生雑音を更に低減した。推進器は671型では5翼式だったが、水中放射雑音低減のため、671RTM型では4翼の二重反転プロペラが採用された。また671RTM型では、その他にも各種の騒音低減策が施されている[2]

電源としては、DG-200ディーゼル発電機2基とOK-2型タービン発電機2基を搭載した。電池としては426-II型が112基2群搭載されており、電池1群あたりの出力8,000アンペア時である。なお本型では、電気系統は380ボルト・50ヘルツの三相交流が採用されており、信頼性は大きく向上した[1]

本型では機関に遠隔操縦装置が大幅に採用され、循環系のパイピングも見直されて短縮され、信頼性も向上した。また操艦も自動化が進められており、OKS統合操縦システムの搭載により、発令所から、注排水・換気・空調・油圧などの各種機器を遠隔操縦できるようになった。また本型では初めて、エアコンや蛍光灯が採用されたが、特に大西洋やインド洋の赤道付近の海水温が高い海域ではエアコンの性能不足のため室温・湿度の上昇が問題になり、K-314ではソナー室で火災が発生する事態となった。このため、セルゲイ・ゴルシコフ司令官は外国製の高性能エアコンの輸入を指令し、以後、ほとんどの原潜や水上戦闘艦は東芝製のエアコンを搭載していた[2]

装備[編集]

C4ISTAR[編集]

探信儀はMGK-300「ルビン」が搭載された。艦首に重量20トン、70立方メートルの大型ソナーを装備することから、魚雷発射管はアメリカ海軍のパーミット級と同様に中央部に設置する計画だったが、この配置では11ノット以上で魚雷発射が困難になることが判明し、艦首のソナー上方に変更された。また671RTM型では「スカットKS」に更新されたほか[2]曳航ソナーを搭載した。これは縦舵のうえに設置された7.8メートル長×2.2メートル径のポッドに収容されている[1]

671型では魚雷発射指揮装置が搭載され、671RT型ではアッコルド型潜水艦指揮管制装置が追加された。そして671RTM型ではオムニブス型潜水艦情報処理装置に更新された。これは情報の収集・分析から戦術運動、使用兵器の選択、射撃指揮にまで関与する装備であった[2]

なお671RTM型のうち、1980年代に第194造船所で建造された5隻はツィクロン型衛星航法システムを搭載した。静粛性も更に強化されたことから、特に671RTMK型とも称される[2]

武器システム[編集]

魚雷発射管は上2門・下4門の2段に配置されている。またその上には魚雷搭載用ハッチが設けられており、洋上でも魚雷の補給が可能となった。なお本型より、魚雷の自動装填装置が採用されており、キパリス型急速魚雷装填装置が搭載された。そして671RT型では、上記のとおりに攻撃力の強化が図られており、533mm魚雷発射管4門と650mm魚雷発射管2門の構成となった[2]

533mm魚雷発射管からは53-65K対艦魚雷やSET-65対潜魚雷が運用できた。また671型のうち太平洋艦隊所属の3隻(K-314・454・469)では81Rヴューガ(SS-N-15)対潜ミサイルの運用能力が付与され、671V型と称された。この能力は671RT型・671RTM型でも維持されたほか、上記の通り671RTM型では攻撃力強化のためシクヴァル高速魚雷、更に1984年からはグラナト巡航ミサイルも追加された。しかし1989年の米ロ合意によって核弾頭装備の魚雷・ミサイルを撤去することになり、グラナトとヴューガ、シュクヴァルは撤去され、かわって650mm魚雷発射管を使用する86Rヴェテル(SS-N-16)対潜ミサイルが搭載された。また650mm魚雷発射管からは65-76英語版重対艦魚雷を発射できた[2]

なお671RTM型では、シレナUME水中工作員輸送艇も搭載されたほか、1975年からはKa-56ヘリコプターも搭載するようになった[2]

諸元表[編集]

671型
(ヴィクターI型)
671RT型
(ヴィクターII型)
671RTM型
(ヴィクターIII型)
水上排水量 3,570トン 4,245トン 4,877トン
水中排水量 4,570トン 5,670トン 7,889トン
全長 93.0 m 102 m 107.1 m
10.6 m 10.8 m
吃水 7.3 m 7.66 m
機関 VM-4P型加圧水型原子炉×2基
OK-300型タービン×1基 (31,000馬力)
DG-200ディーゼル発電機×2基
OK-2型タービン発電機×2基
PG-137電動機×2基 (550馬力)
スクリュープロペラ×1軸
電池 426-II型×112基2群
水上速力 14ノット 11ノット 10.8ノット
水中速力 33.5ノット 31ノット 29.5ノット
安全潜航深度 320 m 400 m
最大潜航深度 400 m 600 m
乗員 94名 98名 99名
兵装 533mm魚雷発射管×6門
(魚雷×18本)
533mm魚雷発射管×4門
(魚雷×18本)
650mm魚雷発射管×2門
(魚雷×6本)
TFCS ラドガ型 オムニブス型
ソナー MGK-300 探信儀 スカットKS 探信儀

同型艦[編集]

一覧表[編集]

設計 艦番号 建造番号 造船所 起工 進水 竣工 所属 除籍
671 K-38 600 196 1963年4月12日 1966年7月28日 1967年11月5日 北方 1991年6月24日
K-53 (B-53) 603 1964年12月16日 1969年3月17日 1969年9月30日 1993年6月30日
K-69 (K-369) 601 1964年12月16日 1967年12月28日 1968年11月6日 1991年6月24日
K-147 (B-147) 602 1964年9月16日 1968年6月17日 1968年12月21日 1997年9月8日
K-306 604 194 1968年3月20日 1969年6月7日 1969年12月5日 1991年6月24日
671V K-314 01610 1970年9月5日 1972年3月28日 1972年11月6日 北方→太平洋 1989年3月14日
671K K-323 (B-323) 605 1968年7月5日 1970年3月14日 1970年9月23日 北方 1993年6月30日
671 K-367 (B-367) 609 1970年4月14日 1971年7月2日 1971年12月5日 1994年7月5日
K-370 (B-370) 606 1969年4月19日 1970年6月26日 1970年12月5日 1993年6月30日
K-398 (B-398) 01611 1971年4月22日 1972年8月2日 1972年12月15日 1995年8月4日
K-438 (B-438) 608 1969年6月13日 1971年3月23日 1971年9月15日
671V K-454 (B-454) 01612 1971年7月24日 1973年5月5日 1973年10月30日 北方→太平洋 1994年7月5日
671 K-462 (B-462) 01613 1972年7月3日 1973年9月1日 1973年12月30日 北方 1993年6月30日
671V K-469 (B-469) 01614 1973年9月5日 1974年6月10日 1974年9月30日 太平洋
671 K-481 (B-481) 01615a 1973年9月27日 1974年9月9日 1974年12月27日 北方 1992年7月3日
671RT K-371 (B-371) 802 112 1973年2月27日 1974年7月30日 1974年9月30日 1996年7月31日
K-387 (B-387) 801 1971年4月2日 1972年9月2日 1972年12月30日 1995年8月4日
K-448 (B-448) 804 1976年12月15日 1977年10月8日 1978年9月29日 1993年6月30日
K-467 (B-467) 803 1974年11月19日 1976年5月7日 1976年11月30日 1997年9月8日
K-495 (B-495) 01621 194 1974年9月28日 1975年8月26日 1975年12月31日 1993年6月30日
K-505 805 112 1975年2月 1975年6月11日 671RTM型の建造開始に伴い建造中止
K-513 (B-513) 01625 194 1975年7月22日 1976年8月21日 1976年12月27日 北方 1993年6月30日
K-517 (B-517) 01627 1977年3月23日 1978年8月24日 1978年12月31日
671RTM K-138 (B-138) 01659 1988年12月7日 1989年8月5日 1990年12月30日 (就役中)
K-218 (B-218) 301 199 1981年11月7日 1982年7月24日 1983年12月28日 1998年5月30日
K-242 (B-242) 302 1982年6月12日 1983年4月29日 1983年10月25日 太平洋
K-244 (B-244) 01652 194 1984年12月25日 1985年7月9日 1985年12月25日 北方
K-247 (B-247) 271 199 1977年7月15日 1978年8月13日 1978年12月30日 太平洋 1996年7月31日
K-251 (B-251) 295 1979年7月29日 1980年5月3日 1980年9月30日 1998年5月30日
K-254 (B-254) 01638 194 1977年9月24日 1979年9月6日 1979年12月30日 北方
K-255 (B-255) 296 199 1979年11月7日 1980年7月20日 1980年12月2日 太平洋→北方 1998年
K-264 (B-264) 333 1983年7月29日 1984年6月8日 1984年10月26日 太平洋 2003年
K-292 (B-292) 01655 194 1986年4月15日 1987年4月29日 1987年11月27日 北方 2005年
K-298 (B-298) 01645 1981年2月25日 1982年7月14日 1982年12月27日 1998年5月30日
K-299 (B-299) 01649 1983年12月20日 1984年6月29日 1984年12月22日 2000年
K-305 (B-305) 308 199 1980年7月27日 1981年5月17日 1981年9月30日 太平洋 1998年5月30日
K-315 334 1982年1月 1983年1月19日 971型の建造開始に伴い建造中止
K-324 (B-324) 297 1980年2月23日 1980年9月7日 1980年12月30日 太平洋→北方 2000年
K-355 (B-355) 299 1980年12月31日 1981年8月8日 1981年12月29日 太平洋 1998年5月30日
K-358 (B-358) 016447 194 1982年7月23日 1983年7月15日 1983年12月29日 北方 1998年5月30日
K-360 (B-360) 299 199 1981年5月9日 1982年4月27日 1982年9月29日 太平洋 1998年5月30日
K-388 (B-388) 01657 194 1987年5月8日 1988年6月3日 1988年11月30日 北方 2013年
K-412 (B-412) 304 199 1978年10月29日 1979年9月6日 1979年12月30日 太平洋 1996年7月31日
K-414 (B-414) 01657 194 1989年12月1日 1990年8月31日 1990年12月30日 北方 (就役中)
K-448 (B-448) 01657 1991年1月31日 1991年10月17日 1992年9月24日
K-492 (B-492) 303 199 1978年2月23日 1979年6月28日 1979年12月30日 太平洋 1996年7月31日
K-502 (B-502) 641 194 1979年7月23日 1980年8月17日 1980年12月31日 北方 2000年
K-507 (B-507) 282 199 1977年11月2日 1978年10月1日 1979年11月30日 太平洋 1998年5月30日
K-524 (B-524) 636 194 1976年5月7日 1977年7月31日 1977年12月28日 北方 2002年
K-527 (B-527) 01643 1978年9月28日 1981年7月24日 1981年12月30日

このうち671RTM型はレニングラードの第194造船所とコムソモリスク・ナ・アムーレの第199造船所で分担して建造されたが、第194造船所は設計局と同都市に所在し、原潜建造の経験も豊富であったのに対し、第199造船所は技術レベルが低く、溶接や組立作業は改善の余地が多かったとされる[2]

運用史[編集]

671型は、1965年から1966年にかけて行われた1番艦(K-38)の試験では多くの初期不良に見舞われたものの、これが克服されて以降は信頼性は高く、671型の平均就役期間21.8年のうち修理期間は2.2年に過ぎず、作戦期間は14.8年であった。また671RT型では、1隻あたり3組のクルーを配する(第1・2乗員のほか、基地で修理・点検などを担当する技術乗員)という措置を講じたこともあって、年平均稼働期間は8~10ヶ月に達した[2]

本型は、巡航ミサイル原潜(SSGN)とともに米海軍のSSBNおよび空母機動部隊を阻止するために大西洋や地中海で活動し、米海軍の対潜ラインを突破することも多かった。1979年に米ソの緊張が高まった際には、ペルシャ湾にK-38とK-481が派遣され、常に米機動部隊を魚雷の射程に捉えていたのに対し、米海軍による両艦の捕捉は断続的なものにとどまった[2]

またソ連海軍では、もともと第二次世界大戦中にドイツ海軍が採用していた群狼作戦の研究を進めており、本型で量と質を兼ね備えたSSN戦力の整備が実現したことから、群狼作戦を冷戦時代にあわせて改良した攻撃原潜群戦法を実用に移した。1985年に北方艦隊が行なった大規模演習「アポルト」では、671型1隻、671RT型1隻、671RTM型3隻が参加しており、K-147はベンジャミン・フランクリン級SSBNシモン・ボリバル」を6日間にわたり追跡、K-324も28時間に渡って米SSBNを追跡するなど多くの成果を挙げたが、米海軍はやっと帰投中の1隻を発見するにとどまった。また1987年の「アトリナ」演習では671RTM型5隻が攻撃原潜群戦法を展開し、ロフォーテン諸島付近で米海軍の捕捉を振り切ってアメリカ沿岸に接近した。これに対し、NATO側は通常の哨戒部隊に加えて、アメリカ海軍の空母機動部隊2個とイギリス海軍の空母「インヴィンシブル」機動部隊、米攻撃原潜6隻、哨戒機3群、更にSURTASS搭載の音響測定艦3隻を投入して対応に追われたが、目標がSSNであることも把握できず、レーガン大統領に対して、多数のソ連SSBNがアメリカ沿岸で行動中との報告を上げる状況であった。ただしこのように活発に活動していたこともあって事故も多く、機関トラブルのほかにも他艦との衝突事故も多く記録されている[2]

しかし冷戦の終結とソビエト連邦の崩壊、これに続くロシア連邦の財政難を受けて、本型の稼働率は急激に低下した。この結果、多くの艦が就役可能期間を残しつつ退役し、また現役に残った艦も埠頭に繋がれることになった[2]。現在、在籍しているのは北方艦隊所属の5隻のみとなっており、ザーパドナヤ・リッツァ基地のマラーヤ・ロパツカ埠頭及びアラ湾のヴィジャエヴォ基地を母港としている。除籍された艦の大半は保管状態に有るが、セヴェロドヴィンスク市のズヴェズドーチカ工廠(原潜修理工廠、第402造船所セヴマシュ・プレドプリャーチェとは別)では、少なくとも3隻が解体され、極東方面のボリショイ・カーメニ市ズヴェズダー工廠(原潜修理工廠)でも、日本の援助により1隻が解体された。

なお2004年、予算不足で修理費用が無く解役されようとしていた本型のB-292が、ペルミ市に修理費用を援助してもらい、代わりに「ピェールミ」(ペルミ)の名を付けて現役に留まるという出来事があった。この他、本型には「ダニール・モスコーフスキイ」(中世のモスクワ大公ダニール・アレクサンドロヴィチ)「ポリャールニイ・ゾーリ」「ソスノヴイ・ボール」「タンボーフ」(タンボフ)という個艦名が付けられている。2006年9月7日、「ダニール・モスコーフスキイ」で火災事故が発生し、乗員2名が死亡した。原因は、定期修理が延期された為による故障と見られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 667型潜水艦はR-27K潜水艦発射弾道ミサイルを搭載する原子力弾道ミサイル潜水艦(SSBN)として構想されており、一度開発中止となったものの、後にアメリカ海軍のジョージ・ワシントン級も参考にして、第18設計局が開発した667A型(ヤンキー型)のベースとなった[4]
  2. ^ アドミラルティ係数は排水量、速力と機関出力によって下記のように定義され、設計にあたって所要の速力に対する機関馬力を求めるために用いられる[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c Polmar & Moore 2004, pp. 156-161.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Polutov 2005, pp. 27-37.
  3. ^ Polutov 2005, pp. 16-26.
  4. ^ a b Polutov 2005, pp. 110-123.
  5. ^ 岡田 1997, pp. 23-24.
  6. ^ Polmar & Moore 2004, p. 319.
  7. ^ Polutov 2005, pp. 48-51.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]