ゴルフ型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴルフ型潜水艦
Golf II class submarine
ゴルフ II 型潜水艦
基本情報
建造所 Sevmash
運用者  ソビエト連邦海軍
就役期間 1958年–1990年
建造数 23隻
前級 ズールー型
次級 ホテル型
要目
排水量 水上2,794トン、水中3,553トン (629)
水上2,300-2,820トン、水中2,700-3,553トン (629A)
長さ 98.4 m (629)
98.9 m (629A)
8.2 m
吃水 7.85 m (629)
8.5 m (629A)
推進器 ディーゼル機関3台、各2,000 bhp (1,500 kW)
電動機3台, 5,200 shp (3,880 kW); 3軸.
速力 浮上時 - 17 kn, 潜航時 - 12kn
航続距離 9.500 海里/5 kn
航海日数 70日間
潜航深度 260 m (設計)
300 m (最大)
乗員 80人 (629)
83人 (629A)
兵装 ミサイル発射管3門
3 × 629計画艦 D-1 発射装置とR-11FM ミサイル
その他の艦は D-2 発射装置と R-13 ミサイル
1966年以降 629A 改良型 D-4 発射装置と R-21 ミサイル
533 mm 魚雷発射管6門
テンプレートを表示

ゴルフ型潜水艦(ゴルフがたせんすいかん Golf class submarine)は、ソビエト/ロシア海軍弾道ミサイル潜水艦。1・2・3・4・5型のサブタイプが存在する。ゴルフ型の名称はNATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は629型潜水艦Подводные лодки проекта 629)である。

概要[編集]

潜水艦発射弾道ミサイルを艦橋後部に格納していたために弾道ミサイルの搭載数はI型ではわずか3発(II型では6発、III型では4発)に留まっている。また、原子炉を積んでいないために長期間潜航できない他、R-11FM/R-13潜水艦発射弾道ミサイルを搭載した前期型ではミサイル発射の際には浮上しなければならないという短所があった。後期型では水中発射可能なR-21に換装された。

1958年から就役を開始し、1962年までに23隻が就役した。このうちの1隻K-129は1968年に北太平洋で不明の原因により沈没している、アメリカ中央情報局が1974年におよそ水深5,000mの海底からK-129のパーツを部分を回収する作戦を実行したことがある(プロジェクト・ジェニファー[1][2]

同級はソ連では1990年までに全艦退役したが、1993年に10隻が北朝鮮に解体するために売却されており、北朝鮮はこれらを運用したことはないが、艦の弾道ミサイル発射システムなどを学習した可能性がある。また中国人民解放軍海軍に4隻(完成品2隻、部品2隻分。1隻分の部品のみという説もある)と設計図とR-11FM(核弾頭無し)が供与され、1966年に「031型通常動力弾道ミサイル潜水艦」として1隻建造しており、これを改造して水中発射能力を付与し、弾道ミサイル発射実験に使用して弾道ミサイルと弾道ミサイル潜水艦のノウハウを得たとみられる。この弾道ミサイル発射試験艦「長城200号」は40年以上の艦齢だが現在でも使用され続けているとみられる。

後継艦は原子力機関を採用したことにより潜航時間の制約が無くなった、ホテル型原子力潜水艦である。

仕様[編集]

ゴルフII型 艦形図
  • 水上排水量: 2794t(629) 2300-2820t(629A)
  • 水中排水量: 3553t(629) 2700-3553t(629A)
  • 全長: 98.4m(629) 98.9m(629A)
  • 全幅: 8.2m
  • 喫水: 7.85m(629) 8.5m(629A)
  • 速度: 15kt/12.5kt(水上/水中)
  • 航続距離: 70日
  • 乗員: 80名
  • 潜行可能深度: 300m
  • 兵装: 533mm魚雷発射管×6、弾道ミサイル

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]