SC型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sc311.jpg

SC型潜水艦(Подводные лодки типа «Щука»)とは、ソ連海軍1930年代から1940年代に運用した潜水艦である。

概要[編集]

1930年、革命軍事評議会の決定により開発が計画がされた。評議会が決定した戦闘教義により、ソ連海軍は自国沿岸防衛を主任務とする沿岸海軍と位置付けられ、沿岸哨戒任務に適した兵力を整備することとなった。

本型の開発担当主任設計者は、以前D型潜水艦L型潜水艦の設計を担当したマリーニン技師である。本型は排水量600t程度の中型沿岸哨戒潜水艦として計画され、大祖国戦争中のソ連潜水艦隊の中核を担った。

SC型は1932年から1938年にかけて合計86隻建造された。建造中、数回の設計変更が行われ、全部で第3系列~第10系列bisまでの6つの小分類に分かれることとなった。

  • 第3系列 - 4隻
  • 第5系列 - 12隻
  • 第5系列bis - 13隻
  • 第5系列bis2 - 14隻
  • 第10系列 - 32隻
  • 第10系列bis - 11隻

各艦にはЩ(ShCh)番台の識別番号が割り当てられたため、本型はSC型、または第3系列1番艦シチューカの名をとってシチューカ級と呼ばれる。Щ-100番台は太平洋艦隊、Щ-200番台は黒海艦隊、Щ-300番台はバルチック艦隊、Щ-400番台は北方艦隊へと配備された。戦時中、計35隻が失われ、残りは1950年代までに退役または中国海軍へ譲渡された。

諸元[編集]

種類 哨戒型潜水艦
基準排水量 水上578t、水中705t
寸法 全長57.0m、全幅6.2m、喫水3.8m
速力 水上11.6ノット、水中8.5ノット
航続力 水上9節4000浬、水中2.5節100浬
可潜深度 75m
乗組員 38-41名
主機 ディーゼル発動機2基(1000馬力-1600馬力)、電動機2基(800馬力)、2軸推進
兵装 533mm発射管(艦首4門・艦尾2門)、魚雷10本、45mm二連装機関砲1基

関連項目[編集]