ヤンキー型原子力潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Damaged Yankee class submarine 2.jpg
損傷した K-219
概要
名前: ヤンキー型原子力潜水艦
建造: セヴェロドヴィンスクとコムソモリスク
運用:  ソビエト連邦海軍
前級 : ホテル型原子力潜水艦
次級: デルタ型原子力潜水艦
完工: 34隻
現役: 0隻
損失: 1
引退: 33隻
仕様諸元
排水量 浮上時:7,700トン
潜航時:9,300トン
全長: 132 m (433 ft)
全幅: 11.6 m (38 ft 1 in)
喫水: 8 m (26 ft 4 in)
機関: 加圧水型原子炉2基、蒸気タービン4基で2軸駆動
速力: 浮上時:13ノット (24 km/h)
潜航時:27ノット (50 km/h)
航続距離: 無限
総員: 120人
兵装:

ヤンキー 1: R-27 (SS-N-6 Serb) SLBMの発射管16基、533 mm (21in)魚雷発射管4基と400 mm (15.7in)魚雷発射管2基

ヤンキー II: ヤンキー Iと同じR-31 (SS-N-17 Snipe) SLBM発射管12基と推定
Yankee class SSBN.svg
プロイェクト667АУ"ナヴァガМ"(ヤンキーII)級

ヤンキー型原子力潜水艦(ヤンキーがたげんしりょくせんすいかん Yankee class submarine、проект 667А "Навага",667АУ "Налим",667АМ "Навага-М",667АК "Аксон-1",09774 "Аксон-2",667АТ"Гриша",667М "Андромеда")は、ソヴィエト海軍が運用していた原子力弾道ミサイル潜水艦ホテル型原子力潜水艦の後継艦級として計画された。

ヤンキー型の名称はNATOコードネームによるもので、ソヴィエト側の名称はそれぞれ

  • ヤンキーI型-プロイェクト667А"ナヴァガ"及び"ナリム"
  • ヤンキーII型-プロイェクト667АУ"ナヴァガМ"

である。

多くの派生型があることが知られており、それぞれのソヴィエト側名称は、

  • ヤンキー・ポッド(Yankee Pod)-プロイェクト667АК"アクソン-1"及びプロイェクト09774"アクソン-2"
  • ヤンキー・サイドカー(Yankee Sidecar)型-プロイェクト667М"アンドロメダ"
  • ヤンキー・ノッチ(Yankee Notch)型-プロイェクト667АТ"グリシャ"
  • ヤンキー・ストレッチ(Yankee Stretch)型-プロイェクト09780

である。

これら派生型と合わせて34隻がコムソモルスク・ナ・アムールおよびセヴェロドヴィンスクの造船所で、1967年から1972年にかけて就役した。1990年にはほぼ全艦が退役している。

概要[編集]

1986年10月 バーミューダ沖で火災事故を起こし浮上したK-219 艦はこの三日後に沈没

本艦級はホテル型原子力潜水艦のように浮上しなくても潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射できるという点で優れている。だが、搭載しているR-27 (弾道ミサイル)/RSM-25(SS-N-6 Serb)の射程は2,000 km(改良型では3,600-4,000 km)と短く、危険を冒して敵が航空優勢・制海権を持つところまで移動しなければならなかった。この欠点は次世代のデルタ級原子力潜水艦がより長射程のSS-N-8を搭載することにより改善されている。

なお、本級は、アメリカのジョージ・ワシントン級戦略原潜に似た外見であるが、実は、ソ連の諜報機関が入手したジョージ・ワシントン級戦略原潜の各種資料を元に設計された原潜であった。当初は第667号計画として進められていたが、ニキータ・フルシチョフ首相の前で模型まで用意して667号計画の説明を行おうとしたら、運悪く模型がフルシチョフの目の前で壊れてしまった。これに激怒した彼は、「模型でさえ壊れるような艦など、実際に造っても壊れてしまうだろう」と言って667号計画を中止させ、改めて、改正版の667A号計画として再スタートして出来上がったのが本型であった。このことは潜水艦隊の将兵にもある程度知れ渡っていたため、本型は自嘲を込めて「イワン・ワシントン」というあだ名で呼ばれていた。

1986年10月 バーミューダ沖でK-219がミサイルの燃料漏れによる火災で沈没している。

諸元(ヤンキーI型)[編集]

プロイェクト667А(ヤンキーI)型

派生型[編集]

667AM型

ヤンキーII型(667AM型)[編集]

搭載弾道ミサイルを固体燃料のR-31(SS-N-17)に換装したタイプ。R-31の性能が期待した程ではなかったため(R-27より大型化したにもかかわらず、射程が1,400kmしかなかった)、この改造を受けたのはK-140ただ1隻のみとなった。

667AT型

ヤンキー・ノッチ型(667AT型「グリシャ」)[編集]

弾道ミサイルを撤去し、そのスペースに魚雷および巡航ミサイルを発射する533mm魚雷発射管×8および弾庫を設置。K-395、K-408、K-418、K-423、K-415、K-399、K-236の7隻が改造。

ヤンキー・サイドカー型(667M型「アンドロメダ」)[編集]

耐圧船殻外に3M-25(SS-NX-24)巡航ミサイルの発射管×12を装備。K-420がこの改造を受け、発射テストを行うが、3M-25がソ連崩壊後に開発中止となったため、1隻のみに留まった。

ヤンキー・ポッド型(667AK型「アクソン-1」および09774型「アクソン-2」)[編集]

弾道ミサイルを撤去し、電子機器および艦尾縦舵上に流線型のポッド(曳航式ソナー・アレイを収納)を設置し、曳航式ソナー・アレイおよび関連機器の試験に従事。改装にともない、第1級特殊用途大型原子力潜水艦に再分類。K-403がこの改造を受け、艦番号がKS-403に変更された。

ヤンキー・ストレッチ型(09780型)[編集]

ミゼットサブの母艦に改造。K-411がこの改造を受け、艦番号がKS-411に変更、のちにBS-411となった。

参考文献[編集]

  • A.S.Pavlov, Gregory Toker (translator), Norman Friedman (editor, English language edition), 1997, Warships of the USSR and Russia 1945-1995, [Annapolis, Maryland]: Naval institute press, ISBN 155750671X.
  • Peter Huchthausen, et al., 1997, Hostile waters, St Martins Press, ISBN 0312169280.→三宅真理訳、1998、『敵対水域』文藝春秋、ISBN 4163537406→2000、文藝春秋(文春文庫)ISBN 4167651033
K-219沈没事件のルポルタージュ。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]