ロフォーテン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロフォーテン諸島の町レイネ

ロフォーテン諸島Lofoten)は、ノルウェー海にあるノルウェー領の諸島スカンディナビア半島に近接し、北にはベステローデン諸島がある。北極圏に位置するものの、高緯度のわりに気候は温暖である。

「ロフォーテン」はノルウェーの伝統的な一地域を指すが、現在の地方行政区画としてはヌールラン県に属する。

地理と自然[編集]

ロフォーテン諸島の位置
ロフォーテン諸島とベステローデン諸島

北緯67度から68度にかけての北極圏に位置する。自治体には、ヴォーゲン、ヴェストヴォーゴイ、フラックスタッド、モスケネス、ヴァーロイ、ロストがある。おもな島は、北から南にかけて、次の通り。

さらに南には、小さな孤島のヴァール島(地図)とロスト島(地図)がある。陸地の総面積は1,227km²で、人口は24,500人である。

ロフォーテン諸島とノルウェー本土の間には広いヴェストフィヨルドが横たわり、北にはベステローデン諸島がある。おもな町は、ヴェストヴォーグ島のレクネスとアウストヴォーグ島のスヴォルヴァールである。もっとも高い山はアウストヴォーグ島のHigravstinden(1,161m)。陸上は起伏の激しい裸岩の山地で、生産性に欠けている。

有名なMoskstraumen(Malstrøm)はロフォーテン諸島西の潮流で、英語のmaelstromの語源となった。ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万里』において、潜水艦ノーチラス号が渦巻きの中に消えていく結末が知られる。

海中の生物は豊富で、世界最大の深海サンゴ礁(ロスト・リーフ、40km長)がロスト島の西にある。

タラニシンの漁業基地として11世紀以来発展したため、1~4月の漁期には各地から集まる漁船は数千を数え、漁獲高も数百万クローネに達する。主な基地はヘニングスヴェール、カベルヴォーグ、スヴォルヴァールで、加工場(乾燥・塩漬け・燻製)が完備している。

オジロワシ、数多くの海鳥が集まり、カラフルなパフィンもいる。カワウソはよく見られ、アウストヴォーグ島にはヘラジカが生息する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「ロフォーテン諸島」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ