ブロナンセリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロナセンから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブロナンセリン
Blonanserin.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 55% [1]
代謝 CYP3A4[1]
半減期 10 - 16 hours (oral)
排泄 59% (urine), 30% (faeces)[1]
識別
CAS番号
132810-10-7
ATCコード none
PubChem CID: 125564
KEGG D01176
化学的データ
化学式 C23H30FN3
分子量 367.50 g/mol

ブロナンセリン (Blonanserin) は、大日本住友製薬が開発した非定型抗精神病薬の一種である。主に統合失調症の治療薬として用いられる。

効能・効果は「統合失調症」とされている[2]

日本では2008年4月より商品名ロナセンで販売されている。

2012年7月27日、大日本住友製薬は日東電工と共同開発しているブロナンセリンの貼り薬について、患者を対象にした第2相臨床試験を始めたと発表した[3]。第1相臨床試験ではすでに有効な経皮吸収性と安全性などが確認されており、有効性の検証と厚生労働省の認可が済んだのち、2018年(平成30年)にも発売する方針。抗精神病薬の貼り薬は世界初だという。

特徴[編集]

第二世代抗精神病薬の一つに分類される。現在日本で発売されている第二世代抗精神病薬はSDA(セロトニン・ドーパミン・アンタゴニスト)と呼ばれているが、本剤はよりドーパミンに対する親和性が強いことからDSA(ドーパミン・セロトニン・アンタゴニスト)とも呼ばれている。

禁忌[編集]

以下の患者では禁忌である[2]

  • 昏睡状態の患者
  • 中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者
  • アドレナリンを投与中の患者
  • アゾール系抗真菌剤を投与中の患者

副作用[編集]

添付文書に記載されている重大な副作用は、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、横紋筋融解症、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肝機能障害である。

また5%以上の患者にパーキンソン症候群(振戦、筋強剛、流涎過多、寡動、運動緩慢、歩行障害、仮面様顔貌など)、アカシジア(静坐不能)、ジスキネジア(構音障害、嚥下障害、口周部・四肢などの不随意運動など)、便秘、食欲不振、悪心、プロラクチン上昇、倦怠感、口渇、脱力感が生じる。

種類[編集]

  • 錠剤:2mg、4mg、8mg
  • 散:2%

出典[編集]

  1. ^ a b c Wen, YG; Shang, DW; Xie, HZ; Wang, XP; Ni, XJ; Zhang, M; Lu, W; Qiu, C; Liu, X; Li, FF; Li, X; Luo, FT (2013年3月). “Population pharmacokinetics of blonanserin in Chinese healthy volunteers and the effect of the food intake”. Human Psychopharmacology 28 (2): 134-141. doi:10.1002/hup.2290. PMID 23417765. 
  2. ^ a b ロナセン錠2mg/ロナセン錠4mg/ロナセン錠8mg/ロナセン散2% 添付文書” (2015年4月). 2015年5月12日閲覧。
  3. ^ “世界初、統合失調症の貼り薬 大日本住友と日東電工が本格試験へ”. 産経新聞. (2012年7月27日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120727/biz12072719290030-n1.htm 2012年7月29日閲覧。 

外部リンク[編集]