ハロペリドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハロペリドール
Haloperidol.svg
Haloperidol-from-xtal-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • C
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 Oral, IM, IV, depot (as decanoate ester)
薬物動態データ
生物学的利用能 Approx. 60 to 70% (tablets and liquid)
代謝 hepatic
半減期 12 to 36 hours
排泄 Biliary and renal
識別
CAS番号
52-86-8
ATCコード N05AD01 (WHO)
PubChem CID: 3559
DrugBank APRD00538
ChemSpider 3438
KEGG D00136
化学的データ
化学式 C21H23ClFNO2
分子量 375.9 g/mol (plain haloperidol)

ハロペリドール(英:Haloperidol)は、1957年ベルギーのヤンセン社の薬理学者ポール・ヤンセン(Paul Janssen)が、アンフェタミン(覚せい剤)による運動量昂進に対して拮抗する薬物として発見したブチロフェノン系の抗精神病薬である。抗妄想・幻覚作用などを有する。主に中枢神経のドパミンD2受容体を遮断することで作用する。統合失調症の治療薬として多く用いられているものの一つである。統合失調症以外に、躁うつ病せん妄ジスキネジアハンチントン病トゥレット障害などにも使用される。

副作用として、パーキンソン症候群(振戦、固縮、小刻み歩行など)、急性および遅発性ジストニア、急性および遅発性ジスキネジア、悪性症候群、高プロラクチン血症、アカシジア(静座不能症)などがある。これらは、本来の標的である中脳辺縁系以外の神経伝達を遮断してしまうことによって生じる。たとえばパーキンソン症候群、高プロラクチン血症は、それぞれ黒質線状体系、下垂体漏斗系のドパミンD2受容体を遮断することで生じる。

薬理学[編集]

ハロペリドールはドーパミンD2受容体に高い親和性を示し、インバースアゴニスト作用と、遅い受容体解離速度を示す、代表的なブチロフェノン系の定型抗精神病薬である。D2受容体(ED50=0.13 mg/kg)と、α1受容体(ED50=0.42 mg/kg)へ優先的に結合し、高用量(ED50=2.6 mg/kg)で5-HT2受容体に作用する。

受容体 受容体(英) Ki (nM) 作用 備考
D1 en:Dopamine receptor D1 不明 静的拮抗
D2 en:Dopamine receptor D2 00001.55 逆作動
D3 en:Dopamine receptor D3 00000.74 逆作動
D4 en:Dopamine receptor D4 00005-9 逆作動
D5 en:Dopamine receptor D5 不明 静的拮抗
σ1 en:Sigma-1 receptor 00003 不可逆的な不活性化 [1]
σ2 en:Sigma-2 receptor 00054 作動
5-HT1A en:5-HT1A receptor 01,927 作動
5-HT2A en:5-HT2A receptor 00053 静的拮抗
5-HT2C en:5-HT2C receptor 10,000 静的拮抗
5-HT6 en:5-HT6 receptor 03,666 静的拮抗
5-HT7 en:5-HT7 receptor 00377.2 不可逆的な静的拮抗
H1 en:Histamine H1 receptor 01,800 静的拮抗
M1 en:Muscarinic acetylcholine receptor M1 10,000 静的拮抗
α1A en:Alpha-1A adrenergic receptor 00012 静的拮抗
α2A en:Alpha-2A adrenergic receptor 01,130 静的拮抗
α2B en:Alpha-2B adrenergic receptor 00480 静的拮抗
α2C en:Alpha-2C adrenergic receptor 00550 静的拮抗
NMDA en:NMDA receptor 02,000 拮抗 [2]

剤形・種類[編集]

  • 錠剤:0.75mg、1.5mg、1mg、3mg
  • 細粒:1%
  • 内服液:0.2%
  • 注射剤:5mg

副作用[編集]

悪性症候群心室頻拍、悪性イレウス錐体外路症状遅発性ジスキネジアアカシジアうつになる場合がある、体が重い、のどが異常に乾く、など。

雌マウスに長期間経口投与した試験において、臨床最大通常用量の10倍(1.25mg/kg/日)以上で乳腺腫瘍の発生頻度が、また、40倍(5mg/kg/日)以上で下垂体腫瘍の発生頻度が、対照群に比し高いとの報告がある。 — 大日本住友製薬株式会社添付文書(2014年12月改訂 第18版) 日本薬局方 ハロペリドール錠(セレネース®錠)
アメリカ食品医薬品局 (FDAのガイダンス[3]を参考に、マウス1.25mg/kgをヒト等価用量 (HED換算[4]するとヒト0.1mg/kgとなる。日本人女性(成人)の平均体重50〜55kg[5]は5.0〜5.5mgが相当する。それは維持量の上限1日6mg[6]よりも少ない。

哺乳類での研究[編集]

臨床使用を模倣したマカクサルへの投与は、脳容積の大幅な減少をもたらした[7]

禁忌[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハロペリドールの代謝物HPP+は、σ1受容体を不可逆的に不活性化させる。
  2. ^ NMDA受容体(NR1/NR2B) IC50=2,000nM 作動
  3. ^ Guidance for Industry Estimating the Maximum Safe Starting Dose in Initial Clinical Trials for Therapeutics in Adult Healthy Volunteers (pdf)”. www.fda.gov. アメリカ食品医薬品局en:FDA) (2015年7月). 2016年5月9日閲覧。
  4. ^ マウス用量(mg/kg)をヒト用量(mg/kg)へヒト等価用量 (HED換算するには 12.3 で除算か 0.08 で乗算。
  5. ^ 年齢別体格測定の結果(身長、体重、座高) (xlsx)”. www.e-stat.go.jp. 総務省統計局 (2015年10月11日). 2016年6月2日閲覧。
  6. ^ 添付文書(2014年12月改訂 第18版) 日本薬局方 ハロペリドール錠(セレネース®錠) (pdf)”. www.pmda.go.jp. 大日本住友製薬株式会社 (2014年12月). 2016年5月9日閲覧。
  7. ^ The Influence of Chronic Exposure to Antipsychotic Medications on Brain Size before and after Tissue Fixation: A Comparison of Haloperidol and Olanzapine in Macaque Monkeys (2005)

参考文献[編集]

  1. 大日本住友製薬株式会社 添付文書(2014年12月改訂 第18版) 日本薬局方 ハロペリドール錠(セレネース®錠)
  2. 大日本住友製薬株式会社『医薬品インタビューフォーム セレネース®』2008年4月(改訂第16版)
  3. 田辺三菱製薬株式会社『医薬品インタビューフォーム リントン®注』2008年3月改訂(第4版)

外部リンク[編集]