ルートヴィヒ7世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルートヴィヒ7世

ルートヴィヒ7世(Ludwig VII., 1365年12月20日 - 1447年9月26日)は、14世紀上バイエルン=インゴルシュタットシュテファン3世タデア・ヴィスコンティの子。

公位継承前の1408年、同族のリエージュ司教ヨハンとリエージュ市民が対立、ルートヴィヒ7世はヨハンの兄・下バイエルン=シュトラウビングヴィルヘルム2世ブルゴーニュ公ジャン無怖公と共に反乱を鎮圧した。また、妹イザベラフランス王シャルル6世に嫁いだ関係でフランスに滞在したこともある。

1413年、父の死によって相続した。1425年、下バイエルン=シュトラウビング公ヨハン3世(兄の死後、リエージュ司教を辞任した)の死後の遺領を巡って従兄弟のハインリヒ16世エルンストと対立、1429年に分割相続することで合意した。

しかし、1443年にハインリヒ16世と同盟を結んだ息子のルートヴィヒ8世の裏切りに遭い、投獄ののち廃位された。ルートヴィヒ7世は1447年に死ぬまで幽閉され、ルートヴィヒ8世も父に先立って死去、インゴルシュタット系は断絶、遺領はハインリヒ16世に奪われた。

家族[編集]

1402年にラ・マルシュ伯ジャン1世(ブルボン公ルイ1世の孫)の娘アンヌと結婚した。

  1. ルートヴィヒ8世(1403年 - 1445年)
  2. ヨハン(1404年、夭折

1413年アランソン伯ピエール2世の娘カトリーヌ(1462年没)と再婚、2人の子を儲けたが夭折した。

先代:
シュテファン3世
上バイエルン=インゴルシュタット公
1413年 - 1443年
次代:
ルートヴィヒ8世