シュテファン3世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シュテファン3世(Stephen III., 1337年 - 1413年9月26日)は、14世紀下バイエルン=ランツフート上バイエルン=インゴルシュタットシュテファン2世シチリア王フェデリーコ2世の娘イザベッラの長男。神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の孫、フリードリヒヨハン2世の兄、フランス王妃イザボー・ド・バヴィエールの父である。

1375年、父の死に伴い領土を弟のフリードリヒ、ヨハン2世と共に相続した。1392年には領土を3分割し、シュテファン3世はインゴルシュタットを、フリードリヒはランツフートを、ヨハン2世はミュンヘンを治めることになった。1395年にヨハン2世と争うが、1397年にヨハンが死去したため、その領土を併合しようとしてヨハンの2人の遺児エルンストヴィルヘルム3世とも対立、1398年プファルツ選帝侯ループレヒト3世の仲裁で一旦和睦、1402年に最終的に相続を放棄した。1410年に父が逃したチロルに攻め込んだが、こちらも失敗した。

1413年に死去し、ルートヴィヒ7世が後を継いだ。

家族[編集]

1364年ミラノ僭主ベルナボ・ヴィスコンティの娘タデアと結婚した。

  1. ルートヴィヒ7世
  2. イザベラ - 1385年フランス王シャルル6世と結婚。

1401年にクレーフェ公アドルフ3世の娘エリーザベトと再婚した。子供はいない。

先代:
シュテファン2世
下バイエルン=ランツフート
1375年 - 1392年
フリードリヒヨハン2世と共同統治
次代:
インゴルシュタット、ランツフート、ミュンヘン系に3分割
先代:
下バイエルンから分割
上バイエルン=インゴルシュタット
1392年 - 1413年
次代:
ルートヴィヒ7世