ハインリヒ16世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハインリヒ16世(Heinrich XVI.,1386年 - 1450年7月30日)は下バイエルン=ランツフートフリードリヒマッダレーナ・ヴィスコンティの子。

居城としていたランツフートトラウスニッツ城を改築、拡張した。1410年、ランツフート市民の反乱を鎮圧。

一方、1429年下バイエルン=シュトラウビングヨハン3世死後の領土を2人の従兄弟ルートヴィヒ7世エルンストと分割相続した。1443年、ルートヴィヒ7世の子、ルートヴィヒ8世と同盟、ルートヴィヒ7世を捕らえた。1445年にルートヴィヒ8世が、1447年にルートヴィヒ7世も幽閉されたまま没し、インゴルシュタット系が断絶した為、ハインリヒ16世が領土を相続した。1450年のハインリヒ16世の死後、子のルートヴィヒ9世はこれらの領土を手に入れた。

性格は残酷と言われ、ランツフート市民の処刑やブルクハウゼン城へ妻を追放している。

家族[編集]

1412年オーストリア公アルブレヒト4世の娘マルガレーテと結婚。6人の子が生まれた。

  1. ヨハンナ(1413年 - 1444年) - プファルツ=モスバッハ公オットー1世と結婚。
  2. アルブレヒト(1414年 - 1418年)
  3. フリードリヒ(1415年 - 1416年)
  4. ルートヴィヒ9世(1417年 - 1479年)
  5. エリーザベト(1419年 - 1451年) - プファルツ選帝侯フリードリヒ1世と婚約していたが、ヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と結婚。
  6. マルガレーテ(1420年 - ?) - 修道女
先代:
フリードリヒ
下バイエルン=ランツフート
1393年 - 1450年
次代:
ルートヴィヒ9世
先代:
ルートヴィヒ8世
上バイエルン=インゴルシュタット
1447年 - 1450年
次代:
ルートヴィヒ9世