ルートヴィヒ8世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルートヴィヒ8世(Ludwig VIII., 1403年9月1日 - 1445年4月7日)は、最後の上バイエルン=インゴルシュタットルートヴィヒ7世とラ・マルシュ伯ジャン1世の娘アンヌの子。

1443年に父と対立し、下バイエルン=ランツフート公ハインリヒ16世と同盟を結んで父を捕らえ、廃位して上バイエルン=インゴルシュタット公に即位したが、2年後に父に先立って死去した。1447年にハインリヒ16世の元に幽閉されていた父も亡くなり、インゴルシュタット系は断絶、遺領はハインリヒ16世に奪われた。

1441年ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世の娘マルガレーテと結婚したが、子はなかった。

先代:
ルートヴィヒ7世
上バイエルン=インゴルシュタット
1443年 - 1445年
次代:
ハインリヒ16世