ランド・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ランド・ポール
Rand Paul
Rand Paul, official portrait, 112th Congress alternate.jpg
生年月日 (1963-01-07) 1963年1月7日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
出身校 ベイラー大学
デューク大学
前職 眼科医
所属政党 共和党
配偶者 ケリー・アシュビー(1990年 - )
親族 ロン・ポール(父)
サイン Rand sig.gif
公式サイト U.S. Senator Rand Paul of Kentucky

選挙区 ケンタッキー州
当選回数 1回
在任期間 2011年1月3日 - 現職
テンプレートを表示

ランダル・ハワード・“ランド”・ポール: Randal Howard "Rand" Paul, 1963年1月7日 - )は、アメリカ合衆国政治家眼科医ケンタッキー選出連邦上院議員(1期)。所属政党は共和党

父はリバタリアンとして知られ、共和党の大統領予備選に何度も出馬した元連邦下院議員ロン・ポール茶会の支持が厚い保守派で、父のリバタリアン的要素も受け継いでいる。ケリー・アシュビー・ポール夫人のとの間に3人の子供がいる。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれ、テキサス州レイク・ジャクソンで育つ。ロニー、ローリ、ロバート、ジョイの4人の兄弟がいる。ランド・ポールはベイラー大学に進学後、父親ロン・ポールの母校でもあるデューク大学に通い、医学部でM.D.を習得した。その後はジョージア州アトランタにあるバプテスト医療センターで手術の研究生となる。その後ケンタッキー州に渡り、1991年にケリー・アシュビーと結婚、3人の子供を儲ける。

眼科医[編集]

デューク大学での眼科の研修期間を終えると、妻子の家族と共にケンタッキー州ボーリング・グリーンに移り住み、眼科医として眼科の診察所を開業する。奉仕団体ライオンズクラブの一員でもあったことから、1995年には南部ケンタッキー・ライオンズ眼科を設立した。プログラムを通じて発展途上国の貧しい子供たちのために取り組んだ無料の眼科手術が評価され、ライオンズクラブ国際協会でも表彰された。

政治活動[編集]

1994年、ケンタッキー州議会の課税と支出の問題を追及するための監視団体「ケンタッキー・タックス・ペイヤーズ・ユナイテッド」を設立すると、同団体が2000年に解散されるまで委員長を務め、政治に関わるようになる。政治参画の背景には、共和党員として下院選大統領予備選に出馬していた父親ロン・ポールの影響もあった。父親に代わって選挙遊説を行い、小さな政府の主張を取り入れたスピーチを披露したこともある。

2010年上院選[編集]

上院選を控えて街頭演説を行うランド・ポール(2009年11月、ケンタッキー州ホウズビル)
上院選の選挙運動で支持者と握手を交わすランド・ポール(2010年11月、ケンタッキー州ルイビル

2008年9月に世界的金融危機リーマン・ショック)が発生したことをきっかけに、ケンタッキー州から全国的に広がった反税運動のティーパーティー運動(茶会)で政治活動に取り組み始める。ボストン茶会事件の記念日である2009年12月26日ケンタッキー州選出の連邦上院議員ジム・バニングの引退により空席となった議席の獲得を目指して次期上院選に出馬することを宣言した。

共和党予備選ではケンタッキー州国務長官トレイ・グレイソンと対決することとなった。対抗馬のグレイソンはミッチ・マコーネルルドルフ・ジュリアーニディック・チェイニーリック・サントラムなど共和党の著名人から支持を受け、ポールは当初苦戦を強いられていた。しかし、草の根キャンペーンで選挙戦を進め、保守派に強い影響力があるフォーカス・オン・ザ・ ファミリージェームス・ドブソンや、フォーブス誌スティーブ・フォーブスサラ・ペイリンらの支持を得て逆転勝利し、共和党の指名を勝ち取った。その後の本選挙では人工妊娠中絶に関する連邦上での禁止、減税や小さな政府などの保守的な方針を主張し、民主党の大統領バラク・オバマを批判した。

2010年11月2日、民主党候補のケンタッキー州司法長官ジャック・コンウェイ英語版に勝利し、連邦上院議員に初当選する。茶会から支持を受けた他候補の当選同様、ポールの勝利は「大きな勝利」と評された。

上院議員[編集]

上院議員就任後は、連邦政府の債務を削減する社会保障給付をカットし、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)によって作成された企業の規制を持ち上げるなど、保守的・リバタリアニズム的な政策を推し進めている。

2012年アメリカ合衆国大統領選挙ミット・ロムニーが共和党の指名を勝ち取ると、指名争いに出馬していた父親ロン・ポールがロムニーの支持に回らなかったのとは対照的に、ロムニーへの支持を表明した。

2016年大統領選[編集]

2015年4月7日2016年アメリカ合衆国大統領選挙の共和党指名争いへの出馬を表明した[1]2016年2月3日アイオワ州党員集会の結果を受けて指名争いから撤退する[2]

政治的信条[編集]

共和党に属するが、第43代大統領ジョージ・W・ブッシュや連邦上院議員ジョン・マケインなどの系譜に連なる介入主義者の議員たちとは政治上の立場がかなり異なる。

内政[編集]

  • 徹底した小さな政府、財政支出の削減、減税を主張している。民主・共和両党に存在する財政支出に積極的な勢力を厳しく批判している[3]連邦準備制度にも批判的である[4]
  • 銃規制差別行為の法律による規制などに「国民の自由の侵害」として反対する。[8][9]

外交[編集]

  • 外交政策ではアラブの春によるリビア内戦のアメリカの介入に強く反対し、2011年1月26日から反政府軍とシリア政府軍との内戦状態が続くシリア騒乱への軍事介入や、反政府軍への武器支援にもシリアで反政府側として活動しているアルカイダ系のイスラム武装組織を支援することになるとの理由で反対した。そのため、反政府軍への武器支援を決めた第44代大統領バラク・オバマを非難し、同時に、シリアへの軍事介入や反政府軍への武器支援を推進している共和党上院議員ジョン・マケインを批判した。
  • イスラエル支持の立場をとる共和党の主導により、イランの核保有を防ぐためのイラン封じ込めが上院で賛成多数で決議されたが、ポール1人だけはイランとの戦争に繋がる宣戦布告だとして反対した。また、かねてからアメリカが行っているイスラエルへの多額の財政支援撤廃を主張した。このことにより、親イスラエル派やメディアから疑念を抱かれたため、「イスラエルに限らず、すべての国への財政援助をやめることで5000億ドルが連邦予算から削減できる。私がイスラエルへの支援を一切取りやめたがっているという見方は不正確だ」という趣旨の釈明をした[11]
  • 海外に駐留するアメリカ軍基地については大幅に縮小する必要があるとの立場を示している[12]ものの、リバタリアンで在外アメリカ軍基地の全面撤退を主張していた父親ロン・ポールとの違いも示すためか、全面撤退はせず、ある程度は海外のアメリカ軍基地は必要だとも主張するなど、外交政策では現実的な側面も示している。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “米共和党、ポール氏が出馬宣言 指名争い、保守派の上院議員”. 47NEW. (2015年4月8日). http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040801001365.html 2015年4月8日閲覧。 
  2. ^ “共和党のポール氏とサントラム氏が撤退 米大統領選”. 朝日新聞. (2016年2月4日). http://www.asahi.com/articles/ASJ244JXTJ24UHBI010.html 2016年3月12日閲覧。 
  3. ^ Issues:Taxes & Debtランド・ポールの2010年上院選のキャンペーンサイトより(Webアーカイブ)
  4. ^ In flationランド・ポール2010年上院選キャンペーンサイトより(Webアーカイブ)
  5. ^ Privacy & Libertyランド・ポール2010年上院選キャンペーンサイトより(Webアーカイブ)
  6. ^ New hero of Tea Party Rand Paul is so conservative he scares Dick CheneyDAILY NEWS 2010年5月20日
  7. ^ Rand Paul’s Big Fightナショナル・レビュー 2013年5月12日
  8. ^ Rand Paul | C-J's characterization of senators' votes was shamefulcourier-journal.com 2013年11月14日
  9. ^ Guns & Politiciansランド・ポール2010年上院選キャンペーンサイトより(Webアーカイブ)
  10. ^ Rand Paul wants more school choice for poor, minority studentsワシントン・ポスト 2013年7月29日
  11. ^ Rand Paul: Headlines that say I wanted to end aid to Israel are inaccurateThe Des Moines Register 2014年8月5日
  12. ^ After 'shellacking,' can foreign policy be a bright spot for Obama?The Christian Science Monitor 2010年11月4日
  13. ^ EXCLUSIVE – Sen. Rand Paul: ‘UK Should Never Have Joined’ The European UnionR. Kassam, Breitbart, 28 Mar 2016

関連項目[編集]

外部リンク[編集]