ヨギ・フェレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨギ・フェレル
Yogi Ferrell
Yogi Ferrell coming onto the court 2013-14.png
インディアナ大学でのフェレル (2014年)
ダラス・マーベリックス  No.11
ポジション PG
背番号 11
身長 183cm (6 ft 0 in)
体重 82kg (181 lb)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Kevin Duane Ferrell Jr.
愛称 "Yogi"
ラテン文字 Yogi Ferrell
誕生日 (1993-05-09) 1993年5月9日(25歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州の旗 インディアナ州グリーンフィールド
出身 インディアナ大学
ドラフト 2016年 ドラフト外 
選手経歴
2016-2017
2016
2017-
ロングアイランド・ネッツ (Dリーグ)
ブルックリン・ネッツ
ダラス・マーベリックス
受賞歴

ヨギ・フェレル (Yogi Ferrell)こと、ケビン・デュエイン・フェレル・ジュニア (Kevin Duane Ferrell Jr. , 1993年5月9日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州グリーンフィールド出身のバスケットボール選手。NBAダラス・マーベリックスに所属している。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

学生時代[編集]

インディアナポリスの高校時代は、2012年のマクダナルズ・オール・アメリカンゲームのメンバーに選出されるなど注目を集め[1]ゲイリー・ハリスとはインディアナ州の最優秀選手の座を争うなど、ライバルとして渡り歩いた。大学進学の際にフロリダ大学バージニア大学ウェイク・フォレスト大学バトラー大学などの誘いを受け、最終的に地元の名門インディアナ大学に進学。1年生時の2012-13シーズンから早速レギュラーに定着し、Big-10のフレッシュマンチームに選出。2013-14シーズン以降は大きく数字を伸ばし、2014年はBig-10の2ndチーム、2015年と2016年には1stチームに選出されるなど、同大学にスター選手として活躍したフェレルだったが、2016年のNBAドラフトでは、どのチームからも指名を受けることが出来なかった。

NBA[編集]

フェレルは2016年夏のNBAサマーリーグブルックリン・ネッツの一員として参加[2]。8月5日にブルックリン・ネッツとトレーニングキャンプに関する契約を締結[3]。開幕ロースター入りを目指すも解雇され[4]、解雇後に傘下のロングアイランド・ネッツに送られてプレーしていたが、11月9日にブルックリン・ネッツは、ジェレミー・リンが負傷で戦線離脱したのを受けてグレイヴィス・ヴァスケスを解雇しフェレルと契約[5][6]。同日のニューヨーク・ニックス戦で早速NBAデビューを果たした[7]。しかし、12月8日に解雇[8]。その後2017年1月27日にダラス・マーベリックス10日間契約を結んだ[9]。翌28日のサンアントニオ・スパーズ戦で早速先発で起用され105-101での勝利に貢献。更に翌日のクリーブランド・キャバリアーズ戦では19得点5アシストを記録[10]。2月3日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦では32得点に加え、リーグのルーキー選手のタイ記録となる9本の3ポイントシュート決める活躍を見せ[11]、同日に2年契約も勝ち取った。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]