ブリティッシュ・スティール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリティッシュ・スティール
ジューダス・プリーストスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年
ジャンル ヘヴィメタル
時間
レーベル CBSイギリスの旗
コロムビア・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース トム・アロム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス[1]
  • 34位(アメリカ[2]
  • 69位(日本[3]
ジューダス・プリースト 年表
イン・ジ・イースト
(1979年)
ブリティッシュ・スティール
(1980年)
黄金のスペクトル
(1981年)
ミュージックビデオ
「Breaking The Law」 - YouTube
テンプレートを表示

ブリティッシュ・スティール』(British Steel)は、ジューダス・プリースト1980年に発表したアルバム。スタジオ・アルバムとしては6作目。

解説[編集]

本作より元トラピーズデイヴ・ホーランドが加入。デイヴは1980年代を通じてバンドに籍を置くこととなる。

レコーディングは、バークシャーのアスコットにあるリンゴ・スター所有のスタジオで行われた。かつてジョン・レノンが住んでいた場所でもあり、メンバーはジョンやリンゴが生活していた風景を見て感動したという[4]。まだ十分な数の新曲ができていなかった時点でレコーディングが開始され、「ブレイキング・ザ・ロウ」「リヴィング・アフター・ミッドナイト」「ザ・レイジ」等はレコーディングが開始されてから作られた曲である[5]。シンプルな構造の楽曲が多く、バラード・タイプの曲は収録されていない。

本作はセールス的に成功を収め、本国イギリスでは初のトップ10入りを果たして最高4位に達した[1]。更に「リヴィング・アフター・ミッドナイト」(全英12位)、「ブレイキング・ザ・ロウ」(同12位)、「ユナイテッド」(同26位)というシングル・ヒットも生んだ[1]。アメリカのBillboard 200でも初のトップ40入りを果たし(最高34位)[2]、アメリカでの人気を確立することとなった。

イギリス盤とアメリカ盤では曲順が違い、コロムビア・レコードから発売されたUSオリジナル盤では「ブレイキング・ザ・ロウ」がA面の1曲目、「リヴィング・アフター・ミッドナイト」がB面1曲目となっていた[6]。日本盤LPやCDもかつてはアメリカ盤に準じていたが、2001年のリマスター以降は、イギリス盤の曲順による9曲にボーナス・トラック2曲を追加したフォーマットで統一された。

「メタル・ゴッズ」は、人間が機械に支配されるという内容の歌詞だが、やがてバンド自体の愛称となった。この曲の録音では、楽器以外の音(アンプのコード、ビリヤードキュー、食器)も使われている[4]

2001年には、本作の制作秘話に関するメンバーや関係者の証言、ライヴ映像等を収録したDVD『ブリティッシュ・スティール』が発表された[4]

収録曲[編集]

全曲ともロブ・ハルフォードK. K. ダウニンググレン・ティプトンの共作。

  1. ラピッド・ファイア - Rapid Fire - 4:07
  2. メタル・ゴッズ - Metal Gods - 3:58
  3. ブレイキング・ザ・ロウ - Breaking the Law - 2:34
  4. グラインダー - Grinder - 3:58
  5. ユナイテッド - United - 3:35
  6. オールド・トゥ・ビー・ワイズ - You Don't Have to Be Old to Be Wise - 5:04
  7. リヴィング・アフター・ミッドナイト - Living After Midnight - 3:31
  8. ザ・レイジ - The Rage - 4:44
  9. スティーラー - Steeler - 4:30
    下記2曲は2001年リマスターCDのボーナス・トラック。
  10. レッド、ホワイト・アンド・ブルー - Red, White & Blue - 3:42
  11. グラインダー (ライヴ) - Grinder - 4:49

USオリジナル盤[編集]

  1. Breaking the Law - 2:34
  2. Rapid Fire - 4:07
  3. Metal Gods - 3:58
  4. Grinder - 3:58
  5. United - 3:35
  6. Living After Midnight - 3:31
  7. You Don't Have to Be Old to Be Wise - 5:04
  8. The Rage - 4:44
  9. Steeler - 4:30

カヴァー[編集]

  • 「ブレイキング・ザ・ロウ」は、ハンマーフォールがライヴで取り上げた。メンバー全員がパートを交替したスタイルにより演奏されており、全曲カヴァーのコンピレーション・アルバム『Masterpieces』(2008年)にも同様の形で収録された。また、ファイアーウインドのアルバム『Days of Defiance』(2010年)のヨーロッパ限定盤や日本盤にカヴァーが収録された。
  • 「メタル・ゴッズ」は、プライマル・フィアのコンピレーション・アルバム『Metal Is Forever - The Very Best of Primal Fear』(2006年)のディスク2にカヴァーが収録された。
  • 「リヴィング・アフター・ミッドナイト」は、ザ・ドナス『The Donnas Turn 21』(2001年)でカヴァーされた。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ChartArchive -Judas Priest-
  2. ^ a b Judas Priest - Awards : AllMusic
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.167
  4. ^ a b c 【お宝VIDEO発売】ジューダス・プリーストの魅力を凝縮 メタル・ゴッド君臨の知られざるエピソード満開! / BARKS特集(北井康仁)
  5. ^ 日本盤リマスターCD(MHCP 293)ライナーノーツ(ジューダス・プリースト)
  6. ^ Judas Priest -British Steel (LP) at Discogs-