ロッカ・ローラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロッカ・ローラ
ジューダス・プリーストスタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年6月 - 7月
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間
レーベル ガル・レコード
プロデュース ロジャー・ベイン
専門評論家によるレビュー
ジューダス・プリースト 年表
ロッカ・ローラ
(1974年)
運命の翼
(1976年)
テンプレートを表示

ロッカ・ローラ』(Rocka Rolla)は、ジューダス・プリースト1974年に発表したデビュー・アルバム。

解説[編集]

ジューダス・プリーストは1974年4月16日にガル・レコードとの契約を得て[1]、その後グレン・ティプトンが加入し、バンドは5人編成となる。そして、同年6月に本作の録音を開始した。プロデューサーは、ブラック・サバスバッジーとの仕事で知られるロジャー・ベイン

収録曲の中には、ロブ・ハルフォードの前にリード・ボーカルを担当していたアル・アトキンスが曲作りに関わったものもある。アトキンスは、ソロ・アルバム『Victim of Changes』(1998年)で「ウィンター」と「ネヴァー・サティスファイド」をセルフカヴァーした[2]。オリジナル盤のジャケットはコカ・コーラのパロディ。再発盤の中には、ジャケット・デザインが異なるものもある[3]

デビュー・シングル「ロッカ・ローラ」の発表に続いて本作が発表されるが、シングル・アルバム共にチャート・インは果たせなかった。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はロブ・ハルフォードK. K. ダウニングの共作。4.と10.はインストゥルメンタル

  1. ワン・フォー・ザ・ロード - One for the Road - 4:36
  2. ロッカ・ローラ - Rocka Rolla (Rob Halford, K. K. Downing, Glenn Tipton) - 3:04
  3. ウィンター - Winter (Al Atkins, Downing, Ian Hill) - 3:02
  4. ディープ・フリーズ - Deep Freeze (Downing) - 1:56
  5. ウィンター・リトリート - Winter Retreat - 1:31
  6. チーター - Cheater - 2:55
  7. ネヴァー・サティスファイド - Never Satisfied (Atkins, Downing) - 4:49
  8. ラン・オブ・ザ・ミル - Run of the Mill (Halford, Downing, Tipton) - 8:33
  9. ダイイング・トゥ・ミート・ユー - Dying to Meet You - 6:18
  10. キャビア・アンド・メス - Caviar and Meths (Atkins, Downing, Hill) - 2:04

ボーナス・トラック[編集]

一部の再発CDに収録(日本盤リマスターCDには収録されていない)。アルバム『背信の門』(1977年)収録のものとは別ヴァージョンで、コンピレーション・アルバム『ヒーロー、ヒーロー』(1979年)で発表されたもの。

  1. ダイヤモンズ・アンド・ラスト - Diamonds & Rust (Joan Baez) - 3:12

カヴァー[編集]

  • 「ネヴァー・サティスファイド」は、アーマード・セイント『ノッド・トゥ・ジ・オールド・スクール』(2001年)でカヴァーされた。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本盤CD(VICP-61650)ライナーノーツ(伊藤政則、2002年1月)
  2. ^ allmusic (((Victim of Changes > Overview)))
  3. ^ Judas Priest -Rocka Rolla (LP, Album, RE, Whi) at Discogs(1984年発売のドイツ盤LP)