フェアリー ロートダイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロートダイン

フェアリー ロートダイン

フェアリー ロートダイン

  • 用途
  • 分類複合ヘリコプター
  • 製造者:フェアリー
  • 運用者:イギリス
  • 初飛行:1957年11月6日
  • 生産数:1

フェアリー ロートダインイギリスの航空機メーカーであるフェアリー・アビエーションにより開発された複合ヘリコプターである。 世界最初のVTOL旅客機と銘打ってデビューしたが、垂直離着陸の為に航空機としてのペイロード、速度等で普通の旅客機に劣り、且つトン・マイルあたりの運航費がかさみ騒音や操縦の難しさもあり、野心作であったが結果的に旅客機市場に入り込めなかった。

構造[編集]

主翼に取り付けられた各エンジンはクラッチを介し、推進プロペラだけではなく機内のコンプレッサーにも接続されている。離陸時はエンジン出力の大半をコンプレッサーに回し、生み出した圧縮空気に燃料を混合、燃焼ガスをローター先端から噴射して回転させることで垂直離陸する。離陸後はエンジン出力を全て推進プロペラに回して前進し、主翼の揚力によって水平飛行を行う。水平飛行中、無動力となったローターはオートジャイロと同じく前方からの気流を受けて回転し、揚力を補助する。この方式によりヘリコプターより低燃費かつ高速を達成し、1957年に試作機が初飛行したが、離着陸時の騒音、運航コストの大きさなどから開発は打ち切られた。

仕様 (Y)[編集]

諸元[編集]

  • 乗員: 2名
  • 定員: 48名
  • ローター直径: 27.4 m
  • ローター回転面積: m2
  • 全高:6.76 m
  • 全長:17.9 m
  • 空虚重量:
  • 最大離陸重量: 17,000 kg
  • 動力:
  • プロペラ: 推進式4翅 × 2
  • 回転翼: 4翅 × 1

性能[編集]

出典[編集]

  1. ^ Braas, Nico. "Fairey Rotodyne>" Let Let Let Warplanes, 15 June 2008. Retrieved: 15 April 2010.