VFW・フォッカー H-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

VFW・フォッカー H-3

展示されているVFW H-3

展示されているVFW H-3

VFW・フォッカー H-3VFW-Fokker H3)は、 西ドイツで設計、製造された単発エンジンの回転翼の実験機である。VFW・フォッカー社により1970年代初めに「D-9543」と「D-9544」の登録記号を持つ2機が製造された。チップジェット駆動によるヘリコプターの系列で最初を目指して2機のH-3が短い期間飛行したが、このローター推進方式はこの大きさの航空機には不適当であることが分かった。改良型のH-4が設計されたが、製造はされなかった。

展示されている機体[編集]

2機共に現存し、「D-9543」機は現在ビュッケブルクのヘリコプター博物館(Hubschrauber Museum)に展示され、もう1機はドイツ国内の個人コレクションに所蔵されていると考えられている[1]

要目[編集]

Jane's Pocket Book of Research and Experimental Aircraft, 1976.[2]

  • 定員:乗員1
  • 乗客:2
  • 全長:7.37 m (24 ft 2.25 in)
  • 全幅:
  • 全高:
  • 空虚重量:
  • 有効搭載量:270 kg (595 lb)
  • 最大離陸重量:968 kg (2,134 lb)
  • 主ローター直径:
  • 主ローター旋回面積:
  • エンジン:1 × アリソン 250-C18 ターボシャフトエンジン
  • 最高速度:250 km/h (155 mph)
  • 巡航高度:4,000 m (13,120 ft)
  • 航続距離:

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注
  1. ^ Hubschrauber Museum - VFW H3 www.hubschraubermuseum.de Retrieved: 18 March 2010
  2. ^ Taylor 1976, p. 243.
参考文献
  • Taylor, John W.R. Jane's Pocket Book of Research and Experimental Aircraft, London, Macdonald and Jane's Publishers Ltd, 1976. ISBN 0356 08409 4.