フィン・ペルム諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィン・ペルム諸語
話される地域: ロシアウラル山脈以西、フィンランドエストニアスカンジナビア
言語系統: ウラル語族
 フィン・ウゴル語派
  フィン・ペルム諸語
下位言語:
Lenguas finopérmicas.png

フィン・ペルム諸語(Finno-Permic languages)はウラル語族フィン・ウゴル語派の下位分類として提唱されている言語群。ウゴル諸語と姉妹群を成し、下位言語群としてペルム諸語バルト・フィン諸語サーミ諸語モルドヴィン語マリ語が含まれるとされる。

ウラル語族の伝統的な分類では。フィン・ペルム諸語はフィン・ウゴル祖語から紀元前3000-紀元前2500年頃に分かれ、ペルム諸語とフィン・ボルガ諸語に紀元前2000年頃に分化した[1]。今日は分類群として完全に支持されている訳ではない[2]

「フィン諸語」という言葉は、しばしばフィン・ペルム諸語を指す[3][4]。これはペルム諸語がウゴル諸語よりもバルト・フィン諸語とはるかに近縁であるとされているからである[5]。しかしフィンランドの学界では「フィン諸語」はボルガ・フィン諸語のみを指す[6]

下位言語群の分類には、さまざまな見方があるが、ペルム諸語が最初に分化したことは一般に支持される。

含まれる言語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Taagepera, Rein (1999). The Finno-Ugric republics and the Russian state. pp. 32–33. ISBN 0-415-91977-0.
  2. ^ Salminen, Tapani (2002). "Problems in the taxonomy of the Uralic languages in the light of modern comparative studies".
  3. ^ Ruhlen, Merritt (1987). A Guide to the World's Languages: Volume I, Classification. Stanford University Press. p. 69. ISBN 0-8047-1250-6.
  4. ^ "Finno-Ugric languages". Encyclopædia Britannica Online. 2013.
  5. ^ Taagepera, Rein (1999). The Finno-Ugric republics and the Russian state. pp. 32–33. ISBN 0-415-91977-0.
  6. ^ See "The Finnic languages" by Johanna Laakso in The Circum-Baltic languages: typology and contact, p. 180.