フィリップ・ヴォルシャイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ヴォルシャイト Football pictogram.svg
Philipp-Wollscheid.jpg
2014年のレヴァークーゼンでのヴォルシャイト
名前
ラテン文字 Philipp Wollscheid
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1989年3月6日(25歳)
出身地 ザールラント州の旗 ザールラント州ヴァーダーン
身長 194cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ストーク・シティFC
ポジション CB
背番号 26
利き足 右足
ユース
1994-1998 ドイツの旗 モルショルツ
1998-2002 ドイツの旗 ヴァドリル
2002-2004 ドイツの旗 プリムシュタル
2004-2006 ドイツの旗 モルショルツ
2006-2007 ドイツの旗 ノスヴェンデル=ヴァーダーン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2008 ドイツの旗 ロート=ヴァイス・ハズボーン 18 (0)
2008-2009 ドイツの旗 ザールブリュッケン 30 (3)
2009-2010 ドイツの旗 ニュルンベルクII 40 (1)
2010-2012 ドイツの旗 ニュルンベルク 52 (5)
2012- ドイツの旗 レヴァークーゼン 51 (2)
2014 ドイツの旗 マインツ 5 (0)
2015- イングランドの旗 ストーク 0 (0)
代表歴2
2010 ドイツの旗 ドイツ U-20 1 (0)
2013- ドイツの旗 ドイツ 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月19日現在。
2. 2013年6月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フィリップ・ヴォルシャイトPhilipp Wollscheid, 1989年3月6日 - )は、ドイツメルツィヒ=ヴァーダーン郡ヴァーダーン出身のプロサッカー選手ストーク・シティFC所属。ドイツ代表。ポジションはディフェンダー(CB)

経歴[編集]

クラブ[編集]

ザールラント州ヴァーダーンに生まれたヴォルシャイトは、幼少時に憧れたジネディーヌ・ジダンの影響から中盤としてキャリアを開始[1]し、5歳から18歳まで様々な地元アマチュアクラブの下部組織を渡り歩いた。2007-08シーズンに5部ロート=ヴァイス・ハズボーン=ダウトウェイラーen)でキャリアを始め、18試合1得点を記録。また、DFBポカールハンザ・ロストック(0-8)戦の1試合に出場した。それから半年後から在籍した同5部の1.FCザールブリュッケンではあまり出場機会は多くなく[2]、1年半でリーグ戦30試合に出場。2009年にチームが4部へと昇格するも自身は6部を戦うBチームへの配属が言い渡された[3]ことで、新たなクラブを模索した。しかし、オファーがなかったため、代理人の提案で1.FCニュルンベルクのトライアルを受け、4部に所属する同クラブのBチームと契約[2]。1季目の2009-10シーズンは、Bチームで26試合1得点を挙げて2位に貢献した。

2009年12月28日にディーター・ヘッキングen)監督の下でトップチームに招集[4]され、2010年11月20日の1.FCカイザースラウテルン戦(1-3)で後半からプロデビューを飾った[2]。以降は、アンドレアス・ヴォルフen)とCBのコンビを組んで次節のハノーファー96戦から最終節まで全試合先発出場し、2011年3月5日のFCザンクトパウリ戦で初得点を記録。最終的にキッカー紙による採点でブンデスリーガでプレーする全DF陣中3位に位置付けられ[5]、その活躍から同シーズン最大の発見と呼ばれる[1]ほど頭角を現した。また、ヘッキング監督からは、若い頃のペア・メルテザッカーのようだと称賛された[1]ヘルタ・ベルリンとの2011-12シーズン開幕戦では、同試合の最優秀選手に選出されている。

2011年11月24日にバイエル・レヴァークーゼン2012-13シーズンからの5年契約を締結した[6]。2012年9月20日にメタリスト・ハルキウとのUEFAヨーロッパリーグ 2012-13で欧州カップ戦初出場を飾り、10月25日のSKラピード・ウィーン戦で初得点を挙げた[7]

2015年1月7日、ストーク・シティFCに期限付き移籍した[8]

代表[編集]

U-20代表としては、2010年4月7日にU-20イタリアとの親善試合で1試合に出場。これが世代別代表での初めての試合だった[9]

2013年5月16日にヨアヒム・レーヴ監督の下で5月29日のエクアドルおよび6月2日のアメリカとの親善試合へ向けてA代表に初招集され[10]フロリダ州ボカラトンでのエクアドル戦でラース・ベンダーに代わり試合終了間際から初出場を果たした[11]

脚注[編集]

外部リンク[編集]