ファミコン名人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ファミコン名人(ファミコンめいじん)は、主にファミリーコンピュータ(ファミコン)全盛期の1980年代にファミコン用ゲームの実演を仕事として行なった者の尊称

概要[編集]

ファミコン全盛期には多くの名人達が登場したが、もっとも有名なのは高橋名人毛利名人である。この2人は、1985年に開催されたハドソンキャラバンで、南北それぞれのキャラバン隊長を務め(高橋が南キャラバン、毛利が北キャラバンを担当)、その際に名人と紹介されたことで全国に名が知られるようになった。1986年には高橋名人と毛利名人の対決を描いた『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』という映画も作られ、子どもたちに大きな熱狂を巻き起こした。

また、両名人の人気にあやかり、バンダイ橋本名人ナムコの河野名人、テクモの辻名人などが、雨後の竹の子のように現われた。多くの場合は「ゲームが特別に上手な人」という訳ではなく、各社の営業担当者である。そのため、中には広報活動が主でゲームプレイの腕は「名人」に相応しくない者もおり、「元々ゲームは得意ではないが、会社の命令で無理矢理やらされていた」と語る者もいた[1]

名人は当時のファミコン少年のあこがれの的で、高橋名人は『月刊コロコロコミック』に、橋本名人は『コミックボンボン』に度々登場していたため知名度も高かったが、一方でファミコンブームの衰退と共に名人の人気も衰えていった。

各名人[編集]

高橋名人[編集]

当時、ハドソンの広報。本名:高橋利幸。16連射で著名。名人の中でも人気は頭抜けていたが、PCエンジンの営業に回されたことで、急速にファミコン名人としての活動は途絶えた。ハドソン退社後は、ゲッチャ・コミュニケーションズからMAGES.を経て、ドキドキグルーヴワークス社長に就任。

毛利名人[編集]

当時、高橋名人の好敵手として活躍。本名:毛利公信。ハドソンと袂を分かった後は、『ファミ通』(アスキーエンターブレイン)の編集者を経てフリーランス

橋本名人[編集]

当時、バンダイの名人。本名:橋本真司。退社後はスクウェア・エニックスで働き、スクウェア・エニックス・ホールディングス専務執行役員。

辻名人[編集]

当時、テクモの名人。本名:辻良尚。退社後は、UBIソフトの広報として活動[2][3]

河野名人[編集]

当時、ナムコの名人。本名:河野光。退社後はアイマックスで活動し[4]、『マイコンBASICマガジン』で「河野光のアイマックス情報局」などを連載した。

服部名人[編集]

当時、タイトーの名人。

尾花名人[編集]

当時、コナミの名人。

菊地名人[編集]

当時、ジャレコの名人。本名:菊地博人。退社後もゲーム関係の宣伝広報として活動。

中本名人[編集]

当時、データイーストの名人。本名:中本博通。同社では企画室係長として『大怪獣デブラス』のプロデュースも務めた。

元々ハードウェアの設計を仕事としており、それもあってアーケードゲームの基盤から家庭用機まで業界有数の収集家である。中途半端が嫌いで、興味を持った対象はすべて極めなければ気がすまない性分といい、バイク、ゴルフ、スキューバダイビングとアウトドアのスポーツも精力的にこなす。当人は、「ゲームもあくまで趣味の一部だということですね。趣味の世界は持つべきだけど、それに埋没しちゃいけない。週末に遊ぶ感覚でゲームもする、そういうのが理想ですね」と語っている[5]

菅野名人[編集]

当時、カルチャーブレーンの名人。本名:菅野英見。福島出身、明治大学卒[6]。 もっとも、カルチャーブレーンの広報は阿迦手観屋夢之助の右腕である遠藤一夫が主体だったので、ファミっ子大集合などへの出演はあるものの、活動は目立たなかった。

川田名人[編集]

高橋塾第1期生から誕生した名人。

桜田名人[編集]

高橋塾第1期生から誕生した名人。

島田名人[編集]

桜田名人の後任。

神谷名人[編集]

当時、バンダイの名人。『ポケットザウルス 十王剣の謎』・『SDガンダムワールド ガチャポン戦士2』の攻略本で表紙に登場。

ファミコン4超人[編集]

ミスターX(慶応)、プロフェッサー来宮(東大)、テクノロジー木村(早稲田)、クッパ河島(明治)という4人の大学生(既に卒業してる者もいた)により結成され、主として『ヤングジャンプ』で活躍した[7]。この内、ミスターXは後に「ゲーム虎の穴」の総帥となり、『GTV』などに出演している。

インドマン[編集]

ターバンサングラスという格好でカレーを食べながらゲームを実演するなど、奇矯な振る舞いが多かった。

インドマン役の多田野貴裕はゲーム・テック・ビデオマガジン創設直後から渡辺浩弐の知り合いで、『GTV』(ソニー販売)中期より登場し「カレーを食べるとゲームが上手くなる超人」といった渡辺の設定で登場したキャラである[8]。その縁もあって『GTV』に深く関わり、NHKが取材に来た際はインドマンが主となって対応している[9]。1990年代始めから1997年にかけては、小我恋次郎(おが こいじろう)というペンネームでゲームライターとして『電撃スーパーファミコン』など雑誌への寄稿も行なった。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電撃PlayStation』 2012年4月26日号
  2. ^ インタビュー|【カスペルスキー×ウォッチドッグス】(2014年7月確認)
  3. ^ E3級のボリュームだった“MIDNIGHT LIVE 360”リポート - ファミ通.com 2010年6月26日
  4. ^ 『ファミコン通信』 1991年11月15日・22日合併号
  5. ^ 「ゲームマニアのすべて」『ファミコン通信 1990年4月13日号 No.8』
  6. ^ [1]
  7. ^ 『ファミコン通信』 1986年8月1日号 No.4
  8. ^ 小我恋次郎 「意味などないのだ」 『電撃NINTENDO64』 1997年7月号
  9. ^ 『GTV』 第13号

関連項目[編集]