ピーター・アイヴァース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーター・アイヴァース
Peter Ivers
出生名 Peter Scott Ivers
生誕 1946年9月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州
死没 (1983-03-03) 1983年3月3日(36歳没)
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロック
ブルース
サイケデリック・ロック
ニュー・ウェイヴ
職業 ミュージシャン作曲家ディスクジョッキー
活動期間 1969年 - 1983年
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード

ピーター・アイヴァース(Peter Ivers、1946年9月 - 1983年3月3日)は、アメリカ合衆国ミュージシャンハーバード大学出身でギリシャ語ラテン語のほか、音楽理論ヨガなどを学び東洋哲学の知識も持っていた天才肌の音楽家である。また、映像制作の分野でもその才能を発揮していた。

来歴[編集]

イリノイ州出身だがボストンブルックラインで育つ。ロクスベリー・ラテン・スクールを経てハーバード大学を卒業。

音楽のキャリアの出発点はリトル・ウォルターブルース・バンド。マディ・ウォーターズをして「生きている中で最も偉大なハープ・プレイヤー」と言わしめた。[1]

1969年エピック・レコードからピーター・アイヴァース・バンド名義でアルバム『ブルー・コミュニオンの騎士』をリリース。ブルースをベースにしながら、フリー・ジャズロッククラシカルフォークなどの要素をミックスした上で、エレクトリックな処理も施されており、既にピーターの個性を感じさせる音楽が完成している。

ロサンゼルスに移りヴァン・ダイク・パークスなどとの活動を経て、1974年にアルバム『ターミナル・ラヴ』をワーナー・ブラザース・レコードよりリリース。このアルバムで特異な音楽性は完成された。前衛ブルース+アシッド・フォーク+ロックといった趣の個性溢れるこのアルバムは、今日のミュージック・シーンでもカルト的な人気を博し、ゆらゆら帝国の坂本慎太郎や非常階段JOJO広重ジム・オルークなどがフェイバリット・アルバムとして挙げている。

1976年には元スプーキー・トゥースゲイリー・ライトとの共同プロデュースでアルバム『ピーター・アイヴァース』を制作。カーリー・サイモンとのデュエットといった話題もあり、尖った音楽性も少々影を潜めたが、ファンクレゲエ、などのスタイルも取り入れ親しみやすい内容になっている。

1977年デヴィッド・リンチ監督の映画『イレイザーヘッド』のスコアを担当した。楽曲「In Heaven (Lady in the Radiator Song)」では作曲とボーカルの両方を担当している[2]

その後、ローウェル・ジョージディー・ディー・ブリッジウォーター等と共演、ニューヨーク・ドールズジョン・ケイルとステージを共にしたり、また、ビデオ・アートの制作なども手がけ、幅広い分野で活躍した。ロック・ショーや、自伝とも言えるミュージカル『ニルヴァーナ・キューバ』の制作にも取り掛かっていた。職業作曲家としては、ポインター・シスターズダイアナ・ロス笠井紀美子等、他のアーティストへの楽曲提供も果たしている。

1980年代初頭から『New Wave Theatre』というロサンゼルスのローカルテレビ番組の司会者として活躍していたが、1983年にロサンゼルスのアパートの部屋でハンマーにより撲殺された。犯人は現在も不明である。

死後に、幻のセカンド・アルバム『テイク・イット・アウト・オン・ミー』、未発表曲などを収録した編集盤『ニルヴァーナ・ピーター』、『The Untold Stories』、『僕がピーター・アイヴァースになるまで』がリリースされている。[3]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『ブルー・コミュニオンの騎士』 - Knight of the Blue Communion (1969年、Epic) ※Peter Ivers' Band With Yolande Bavan名義
  • 『ターミナル・ラヴ』 - Terminal Love (1974年、Warner Bros.)
  • 『ピーター・アイヴァース』 - Peter Ivers (also known as Peter Peter Ivers) (1976年、Warner Bros.)
  • 『ニルヴァーナ・ピーター』 - Nirvana Peter (1985年、Warner Bros.) ※未発表曲集
  • The Untold Stories (2008年、K2B2 Records) ※未発表曲集
  • 『テイク・イット・アウト・オン・ミー』 - Take It Out on Me (2009年、Wounded Bird Records) ※1971年録音
  • 『僕がピーター・アイヴァースになるまで』 - Becoming Peter Ivers (2019年、Rvng Intl.) ※未発表デモ音源集

参照文献[編集]

  1. ^ ディスク・ユニオン解説 [1]より
  2. ^ Frank, Josh (2008年8月6日). “A Meeting of the Strange Minds: Peter Ivers, David Lynch and Devo”. 2017年12月31日閲覧。
  3. ^ ワーナー・ミュージック公式プロフィール [2]より