ゲイリー・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイリー・ライト
Gary Wright
出生名 Gary Malcolm Wright
別名 Gary Thomas Wright
出生 1943年4月26日(72歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州クレスキル
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ロック
職業 シンガーキーボーディスト
担当楽器 キーボード
活動期間 1967年 -
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコードほか
共同作業者 スプーキー・トゥース
公式サイト http://www.thedreamweaver.com/

ゲイリー・ライトGary Wright, 1943年4月26日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャン。自身の歌った楽曲「ドリーム・ウィーバー」(Dream Weaver, 「夢織り人」と訳されることもある)や、ハリー・ニルソンの楽曲「ウィザウト・ユー」へのピアニストとしての参加などで知られる。元ビートルズジョージ・ハリスンとは友人であった。

来歴[編集]

ゲイリー・ライトはニュージャージー州クレスキルCresskill)で生まれ育ち、7歳の時にはテレビ番組のショーに出演した。彼はテナフライ高等学校(Tenafly High School)に入学した[1]

その後、ライトは心理学の勉強を続けるためヨーロッパへ渡った。1967年、彼はバンドスプーキー・トゥース』(Spooky Tooth)にシンガーおよびキーボーディストとして参加した。1970年には、ライトはリヴァプールに拠点をおくフォーク・ミュージックバンド『アライヴァル』(Arrival)のプロデューサーを務めることとなり、同時にフォークロックバンド『ハウル・ザ・グッド』のメンバーも務め、同年のワイト島音楽祭ではこれら2つのバンドが共に出演することとなった。

1971年11月23日、ライトはテレビ番組『ディック・キャヴェット・ショウ』(The Dick Cavett Show)のエピソードで、『ワンダー・ホイール』というバンドが彼の作った曲「Two Faced Man」を演奏したことがきっかけで名前を紹介された。このバンドにはジョージ・ハリスンが好意でスライドギター演奏で参加していた。これは、ライトがハリスンのアルバム『オール・シングス・マスト・パス』でピアノ演奏を行っていたのが縁となって実現したことであった。

1974年のスプーキー・トゥース解散後、ライトはソロで音楽活動を続け、その活動は楽曲「ドリーム・ウィーバー」で頂点に達した。この曲のシングルは1976年にビルボード・ホット100で3週連続2位を記録し、ゴールドディスクに認定された。この曲はまた、映画『ウェインズ・ワールド』およびそのサウンドトラック、映画『ラリー・フリント』などの作品にフィーチャーされている。1976年には、続くシングル作品「ラヴ・イズ・アライヴ」(Love Is Alive)もチャート2位(2週連続)を記録している。

アルバム『ザ・ドリーム・ウィーバー』(The Dream Weaver)は大ヒット作品となったものの、その後の彼の作品は評論・売り上げのどちらにおいても人気を博すものではなかった。ラジオ放送も手助けにならず、新たなヒットシングルも出なかったために、彼のキャリアはにわかに停滞することとなった。しかしながら、ライトはそれでも1970年代・80年代・90年代にわたってアルバムの制作を続けてゆく。

ライトが最後にポップ・チャートにおいて顕著な成功を収めたのは、1981年に「リアリー・ウォナ・ノウ・ユー」(Really Wanna Know You, アリ・トムソン(Ali Thomson)との共作)がチャート第16位を記録したときであった。

ライトの1981年のアルバム『ザ・ライト・プレイス』(The Right Place)に収録された楽曲「カミン・アパート」(Comin' Apart)は、2004年アーマンド・ヴァン・ヘルデンArmand Van Helden)が発表したクラブ音楽「マイ・マイ・マイ」(My My My)にサンプリングされている。

1991年に日本人アーティストTMNのシングル『Love Train/We love the EARTH』、アルバム『EXPO』のエンジニアとして参加。当時ニューヨークで最先端だったサウンドを日本に持ち込んだ。

2008年、ライトはリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドに参加してツアーを行った。同年11月には、6曲収録のミニアルバム『ウェイティング・トゥ・キャッチ・ザ・ライト』(Waiting to Catch the Light)をリリースしている。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Extraction(1971年)
  • Footprint(1972年)
  • The Dream Weaver(1975年)
  • The Light of Smiles(1977年)
  • Touch and Gone(1978年)
  • Headin' Home(1979年)
  • The Right Place(1981年)
  • Who I Am(1988年)
  • First Signs of Life(1995年)
  • Best of Gary Wright / The Dream Weaver(1998年)
  • Human Love(1999年)
  • Waiting to Catch the Light(2008年)

シングル[編集]

順位はビルボード・ホット100のもの

  • Dream Weaver(1976年)2位
  • Love Is Alive(1976年)2位
  • Made To Love You(1976年)79位
  • Phantom Writer(1977年)43位
  • Touch And Gone(1978年)73位
  • Really Wanna Know You(1981年)16位
  • Heartbeat(1981年)107位

出典(英語版)[編集]

  1. ^ "MUSIC NOTES", The Star-Ledger, November 16, 2000, p. 71. "Wright returns. Singer-songwriter-keyboardist Gary Wright, who grew up in Cresskill and went to Tenafly High School, will perform in New York tonight for the first time in 20 years."

外部リンク[編集]