ディー・ディー・ブリッジウォーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディー・ディー・ブリッジウォーター
Dee dee bridgewater.jpg
基本情報
出生名 デニス・アイリーン・ギャレット
生誕 (1950-05-27) 1950年5月27日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州メンフィス
ジャンル ジャズ, R&B
職業 歌手

ディー・ディー・ブリッジウォーター (Dee Dee Bridgewater,1950年5月27日 - )は、アメリカテネシー州メンフィス出身のジャズ歌手・俳優。本名はデニス・アイリーン・ギャレット (Denise Eileen Garrett)。現在、国際連合食糧農業機関(FAO)の大使をつとめている。

経歴[編集]

出生名「デニス・アイリーン・ギャレット」としてテネシー州メンフィスで生まれ、ミシガン州フリントのカトリックの家庭で育った。父マシュウ・ギャレットがジャズ・トランペッターで、マナサス高等学校の教師をしていたため、早くからジャズを歌い始めた。16歳の時、ミシガン州のクラブでロック&リズム・アンド・ブルース・トリオに歌手として参加した。18歳の時、ミシガン州立大学に進学し、その後イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で学んだ。1969年、自身のジャズバンドと共にソヴィエト連邦へツアー公演を行なった。

翌年、トランペット奏者のセシル・ブリッジウォーターと出会い、結婚後ニューヨークに転居して彼女はホレス・シルヴァーのバンドで演奏した。1970年代初頭、彼女はサド・ジョーンズ/メル・ルイス・ジャズ・オーケストラにリード・ヴォーカルとして加入した[1]。これによりジャズでのキャリアをスタートさせ、ソニー・ロリンズディジー・ガレスピーデクスター・ゴードンマックス・ローチローランド・カークといった著名なジャズ・ミュージシャンと共演した。1973年、モントレー・ジャズ・フェスティバルに出演した。1974年、1枚目のアルバム『Afro Blue 』をリリースし、ブロードウェイミュージカルザ・ウィズ』に出演した。良い魔女グリンダ役を演じ、1975年、トニー賞助演女優賞を受賞し、1976年、『ザ・ウィズ』はグラミー賞ミュージカル・ショー・アルバム賞を受賞した。

1990年、コンサート
モロッコラバトで行われた音楽講義に出演するハービー・ハンコックとディー・ディー・ブリッジウォーター

ステージで立ちつくして歌うスタイルの歌手が多い中、「歌って踊る」彼女のパフォーマンスはアメリカでなかなか受け入れられず[要出典]、一時期はミュージカルに活動の主軸を移した。1984年のミュージカル『Sophisticated Ladies 』で賛辞を受け、1986年にフランスへ移住した。同年、ミュージカル『Lady Day 』でビリー・ホリデイ役で主演し、ローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされ、レイ・チャールズと共に『Precious Thing 』をレコーディングした。1980年代後期および1990年代初頭、ミュージカル界からジャズ界に戻った。1990年、イタリアサンレモ音楽祭スイスモントルー・ジャズ・フェスティバルで演奏し、4年後、長年尊敬し続けていたホレス・シルヴァーと遂にコラボレーションを果たし、アルバム『Love and Peace: A Tribute to Horace Silver 』をリリースした。また1996年にはサンフランシスコ・ジャズ・フェスティバルに出演した。1997年、トリビュート・アルバム『Dear Ella 』が1998年グラミー賞ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞し、1998年のアルバム『Live at Yoshi's 』もグラミー賞にノミネートされた。1998年、再度モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演した。2002年、クルト・ヴァイルの曲で構成されるアルバム『This Is New 』、2005年、フランスのクラシック曲で構成されるアルバム『J'ai deux amours 』をリリースした。

2007年のアルバム『Red Earth 』はアフリカの影響を受けており、西アフリカマリ共和国の多くのミュージシャンが参加した。2007年、再度サンフランシスコ・ジャズ・フェスティバルに出演した。2007年12月8日、ワシントンD.C.ジョン・F・ケネディ・センターテレンス・ブランチャード・クインテットと共に演奏した[2]。しばしばツアー公演を行ない、世界中でコンサートを行なっている。2009年10月16日、上海JZジャズ・フェスティバルのオープニングに出演し、エラ・フィッツジェラルドに関連する曲の他、デューク・エリントンなどジャズのスタンダードを演奏した。

ヴァーヴ・レコードから多数のアルバムを発表し、1990年代以降においてダイアン・リーヴスカサンドラ・ウィルソンダイアナ・クラールらと共に最も成功したジャズ歌手の一人と考えられている。

家族[編集]

最初の夫であるトランペット奏者セシル・ブリッジウォーターとの間に長女、二度目の夫との間に二女、現在の夫との間に長男がいる。二女のチャイナ・モーゼス(China Moses、1978年生まれ)もフランスや米国を中心に活躍するジャズ歌手である。

ディスコグラフィ[編集]

  • Afro Blue (1974)
  • Dee Dee Bridgewater (1976)
  • Just Family (1978)
  • Bad for Me (1979)
  • Live in Paris (1986)
  • Victim of Love (1990)
  • In Montreux (1992)
  • Keeping Tradition (1993)
  • Love and Peace: A Tribute to Horace Silver (1995)
  • Prelude to a Kiss: The Duke Ellington Album (1996)
  • 「ディア・エラ」 Dear Ella (1997)
  • Live at Yoshi's (2000)
  • This is New (2002)
  • J'ai Deux Amours (2005)
  • Red Earth (2007)
  • Eleanora Fagan (1915 - 1959): To Billie with Love from Dee Dee Bridgewater (2010)
  • Midnight Sun (2011、ベストアルバム)

受賞歴[編集]

  • トニー賞 - 1975年 『ザ・ウィズ』 最優秀助演女優賞(グリンダ役)
  • グラミー賞
    • 1976年 ベスト・ミュージカル・アルバム賞(『ウィズ』、キャストの1人として)
    • 1998年 ベスト・ジャズヴォーカル・アルバム賞("Dear Ella")
    • 1998年 ベスト・ジャズヴォーカル伴奏編曲賞("Cotton Tail"、編曲者の Slide Hampton が対象)
    • 2011年 ベスト・ジャズヴォーカル・アルバム賞("To Billie with Love")

脚注[編集]

  1. ^ Larkin, Colin. The Guinness Encyclopedia of Popular Music, Guinness, page 547, (1995) - ISBN 1-56159-176-9
  2. ^ Kennedy Center: The Movie Music of Spike Lee and Terence Blanchard