ピアノソナタK.545

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Performed by Robin Alciatore. Courtesy of Musopen

Converted from Mutopia public domain MIDI

Converted from Mutopia public domain MIDI

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノソナタ第16番[1]ハ長調 K.545 (ピアノソナタだい16ばんはちょうちょうケッヘル545、Klaviersonate Nr.16 C‐dur)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した3楽章からなるピアノソナタ

このピアノソナタは、モーツァルトが自作の作品目録に1788年6月26日の日付とともに「初心者のための小さなソナタ」と記しており、ソナチネアルバムにも収められていることからピアノ学習者にはおなじみの曲となっている。また、ノルウェー作曲家エドヴァルド・グリーグによる2台のピアノのための編曲もある。

曲の構成[編集]

第1楽章の冒頭部分
第2楽章の冒頭部分
第3楽章の冒頭部分

この曲が使用された作品など[編集]

楽曲[編集]

テレビドラマ[編集]

  • のだめカンタービレ - Lesson 4「キス成るか!? 感動の定期演奏会バトル!!」にて、登場人物である峰龍太郎三木 清良図書館で会話するシーンで使用されていたほか、Lesson 11「さよならのだめ!! 涙のクリスマス公演」かへなけjでも幼少期の野田恵について回想するシーンで使用されていた。

ゲーム[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新モーツァルト全集では第16番だが、旧モーツァルト全集では第15番だったため、現在でもCDや出版物などでは第15番第16(15)番と表記されている場合もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]