ピアノソナタ第2番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピアノソナタ第2番 ヘ長調 K. 280 (189e) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した最初期のピアノソナタの1つ。「デュルニッツ・ソナタ」の2曲目に当たる。

概要[編集]

1775年ミュンヘンで作曲された。作曲の動機については第1番ハ長調 K. 279(189d)と同じだが、すでに前作の気分は大いに違っており、モーツァルトならではの個性がいち早く現れている作品である。

構成[編集]

全3楽章の構成であり、全楽章とも3拍子で書かれている。

  • 第1楽章 アレグロ・アッサイ
    ヘ長調、4分の3拍子ソナタ形式
  • 第2楽章 アダージョ
    ヘ短調、8分の6拍子、小規模のソナタ形式。
    この楽章では後に作曲されるピアノ協奏曲第23番 イ長調 K. 488の第2楽章とよく似た旋律が現れている。
  • 第3楽章 プレスト
    ヘ長調、8分の6拍子、ソナタ形式。
    終楽章は若干ロココ風の影響を交えているが、モーツァルトらしく、意欲に満ちている作品である。

関連項目[編集]

デュルニッツ・ソナタ

外部リンク[編集]