ピアノソナタK.533/494

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノソナタ ヘ長調K.533/494ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトピアノソナタで、旧モーツァルト全集では第18番新モーツァルト全集では第15番とされる。2つのケッヘル番号が並べられているのは、3つの楽章のうち第1楽章と第2楽章(K.533)が1788年、第3楽章(K.494)が1786年、と異なる時期に書かれたからである。1788年1月3日に自作カタログに記載され、同年にホフマイスター社から出版された。

第3楽章は1787年に単独で出版されているが、ピアノソナタとしてまとめるにあたってカデンツァ及び27小節に渡る終結部が追加された。アルフレート・アインシュタインは第1・2及び第3楽章の様式の不一致を指摘しつつも、第3楽章の短調のエピソードの見事さを評価し、「あまりに豊かで完全なので、門外漢は『様式の分裂』に気づかないだろう」と評している。

曲の構成[編集]

外部リンク[編集]