ピアノソナタ第1番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピアノソナタ第1番 ハ長調 K. 279 (189d) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した最初期のピアノソナタの1つ。

概要[編集]

このピアノソナタは、かつて1774年ザルツブルクで作曲されたと考えられていたが、近年の研究によって、1775年の初め頃にミュンヘンで書かれた事が判明した。1776年に作曲されたが散逸した4曲のピアノソナタ(K.Anh. 199からAnh. 202)を除いて、最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタとなる。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲ある。「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれるこれらのソナタは、モーツァルト自身によって一連の番号が付けられていて、一つのセットとしてまとめて書かれたと考えられているが、番号順に書いたのかは定かではない。

今日、演奏会などで演奏されることこそ少ないが、既にモーツァルトらしい旋律美と優雅な気品に満ち溢れており、無駄のない秀逸な作品に仕上がっている。

構成[編集]

全3楽章で構成されている。

  • 第1楽章 アレグロ
    ハ長調、4分の4拍子、ソナタ形式
  • 第2楽章 アンダンテ
    ヘ長調、4分の3拍子、ソナタ形式。
  • 第3楽章 アレグロ
    ハ長調、4分の2拍子、ソナタ形式。

関連項目[編集]

デュルニッツ・ソナタ

外部リンク[編集]