ピアノソナタK.570

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアノソナタ 変ロ長調 K. 570 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノソナタ。旧モーツァルト全集では第16番新モーツァルト全集では第17番とされる。

概要[編集]

モーツァルト(1789年の肖像画)

1789年2月にウィーンで作曲されたと考えられるが、作曲の動機については不明な点が多い。他者の手(かつてはヨハン・アンドレの手によるものと考えられていたが、近年の研究ではヨハン・メーデリッチュの手によるものと推定されている)でヴァイオリンパートを付け加えられた版があり、モーツァルトの死後しばらくはむしろこの版によって知られていた。

曲の構成[編集]

外部リンク[編集]