ピアノソナタ第12番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mozart 332 1-1.png

ピアノソナタ第12番 ヘ長調 K. 332 (300k) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノソナタである。

作曲[編集]

1783年ウィーンザルツブルクで作曲されたといわれ、第10番ハ長調 K. 330(300h)第11番イ長調 K. 331(300i)と同年に作曲された作品とされる。

曲の構成[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
  • 第1楽章 アレグロ
    ヘ長調、4分の3拍子、ソナタ形式
    美しい流れるような主題に変化に富んだ楽章。左手の進行に右手がはずむように進む。展開部の中盤から終わりにかけては、提示部の発展した、ニ短調であり、リズミカルな曲となっている。明るく親しやすく技巧も難しくないためにソナタの入門としてよく扱われる。
  • 第2楽章 アダージョ
    変ロ長調、4分の4拍子、発展部を欠いたソナタ形式。
    第1楽章の元気で速い曲とは対照的に、ゆっくりと美しく奏する。モーツァルト独特の美しさが現れた曲である。左手のアルベルティ・バスに乗って右手が上昇音階の動機を歌う。作者の好んだコロラトゥーラが随所に現れることから愛好者も多い。
  • 第3楽章 アレグロ・アッサイ
    ヘ長調、8分の拍子、ソナタ形式
    非常に速く駆け巡るように奏する。明るく華やかな曲想で親しみやすい。

外部リンク[編集]